土方歳三

  1. あ行

    【通称はじめ又七郎】大野右仲(おおのうちゅう)【箱館編成新選組頭取』

    大野右仲(おおのうちゅう) (天保7年12月8日~明治44年6月11日) 通称、はじめ又七郎。戊辰戦争時の変名を、松川精一としていた。 …

  2. あ行

    【土方歳三と共闘した】大鳥圭介(おおとりけいすけ)【伝習隊大隊長】

    大鳥圭介(おおとりけいすけ)(写真中央が大鳥圭介) (天保3年2月26日~明治44年4月15日) 播州赤穂郡細念村の医師、小林直輔の長男。…

  3. あ行

    【土方軍対松前藩の戦い】大滝の戦い(おおたきのたたかい)

     大滝の戦い(おおたきのたたかい) 明治元年11月11日、土方歳三軍は五稜郭占領後、松前を出発し、江差に向かって進軍した。 大滝…

  4. あ行

    【土方歳三の最期に立ち会った】大島寅雄(おおしまとらお)【歩兵頭並伝習第一大隊分隊長】

    大島寅雄(おおしまとらお) (天保13年5月15日~大正5年11月7日) 幕臣。元小人目付。 慶応4年4月11日m江戸を脱走し、…

  5. あ行

    【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』

      遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう) (天保7年~明治32年4月20日) 允信(さねのぶ)とも。 陸奥栗原郡川口村出身。…

  6. あ行

    【南千住にある幕府軍の墓所】円通寺(えんつうじ)【彰義隊戦死墓、黒門】

    円通寺(えんつうじ) (東京都荒川区南千住1丁目59-11)  〈スポンサードリンク〉   延暦10年(791年)に坂…

  7. あ行

    【箱館政府総裁となった軍艦奉行】榎本武揚(えのもとたけあき)【五稜郭で切腹?】

    榎本武揚(えのもとたけあき) (天保7年8月25日~明治41年10月26日) 釜二郎、和泉守、染川(りょうせん)とも。 伊能忠敬の愛弟子…

  8. あ行

    【新撰組も参加した】宇都宮城の戦い(うつのみやじょうのたたかい)攻防戦【土方歳三負傷】

    宇都宮城の戦い(うつのみやじょうのたたかい) 宇都宮藩は、7万7千石ほどの小藩で、戊辰戦争が起きると藩の意見は、恭順派と抗戦派との両派に別れ…

  1. あ行

    【会津編成新撰組隊士】石田 入道(いしだ にゅうどう)【隊士名鑑】
  2. あ行

    【池田屋事件の生き残り】大沢逸平(おおさわいっぺい)【尊王攘夷派】
  3. あ行

    【島田魁の遺品】『英名録』(えいめいろく)【新撰組隊士名簿】
  4. あ行

    【新撰組隊士】蟻通 甚五郎(ありとおしじんごろう)【蟻通 勘吾の別名?】
  5. あ行

    【箱館編成新撰組第三分隊所属隊士】岩崎 勝二郎(いわさき かつじろう)【隊士名鑑…
PAGE TOP