あ行

【土方歳三と共闘した】大鳥圭介(おおとりけいすけ)【伝習隊大隊長】

大鳥圭介(おおとりけいすけ)
(写真中央が大鳥圭介)
 
(天保3年2月26日~明治44年4月15日) 

播州赤穂郡細念村の医師、小林直輔の長男。
 
名は純彰、号は如楓。
 
緒方洪庵、坪井忠益に蘭学を学び、
江川塾に聘さられて兵学の講義を行っていた。
また、中浜万次郎(ジョン万次郎)から英語を学んでいた。
 
(画像は緒方洪庵と中浜万次郎)
 

 
 

 
 
尼崎・阿波藩士を経て、
慶応2年に幕臣となる。
 
開成所洋学教授を経て陸軍に入り、
歩兵差図役頭取となり、
仏国軍事教官団による仏式操練を学び、
翌3年に
伝習大隊長
10月に歩兵頭並、
翌明治元年1月に、歩兵頭。
2月に歩兵奉行と進んだ。
 
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
4月に江戸を脱走し、下総市川に挙兵し、
総督に推され、
土方歳三を副将として、
以後、野洲、会津と転戦して仙台から榎本艦隊に合流し、
10月に蝦夷地へ上陸した。
12月の選挙により、
脱走軍の陸軍奉行となる。
 
 
明治2年5月、
新政府軍と戦う利無く、
降伏後は、
東京の軍務局糺問所に入獄。
 
許された後、

学習院長、
華族女学校長、
清国公使、
枢密顧問官

を歴任した。
 
爵位は男爵
 
明治44年、
神奈川県で食道がんの為、没した。
享年77歳。
 
(画像は後年の大鳥圭介)
 
 

 
大鳥圭介の墓所は、
東京都港区南青山2丁目32−2の青山霊園にある。
 

 
 

(Visited 5,064 times, 1 visits today)

【新選組隊士】大月藤三(おおつきとうぞう)【隊士名鑑】前のページ

【通称はじめ又七郎】大野右仲(おおのうちゅう)【箱館編成新選組頭取』次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組隊士】甘地 一撰(あまじいっせん)※別名 甘地稔

    甘地 一撰(あまじいっせん)(生没年未詳)新撰組隊…

  2. あ行

    【箱館編成新選組隊士】大橋山三郎(おおはしさんさぶろう)【隊士名鑑】

    大橋 山三郎(おおはし さんさぶろう) (天保3年~?) …

  3. あ行

    【土方歳三が攻め入った城】宇都宮城跡(うつのみやじょうあと)【戊辰戦争】

     宇都宮城跡(うつのみやじょうあと) (栃木県宇都宮市…

  4. あ行

    【箱館編成新撰組隊士】明石 覚四郎(あかしかくしろう)【元肥前唐津藩士】

    明石 覚四郎(あかしかくしろう)(生没年未詳)…

  5. あ行

    【新撰組隊士】池田 庄司(いけだ しょうじ)【隊士名鑑】

    池田 庄司(いけだ しょうじ) (生没年未詳) 新選組…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組参謀から御陵衛士へ】 二番隊長 伊東 甲子太郎(いとう かしたろう)【油…
  2. あ行

    【新選組隊士】大月藤三(おおつきとうぞう)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【最後まで土方歳三と戦った】蟻通 勘吾(ありどおしかんご)【新撰組隊士】
  4. あ行

    【箱館政府総裁となった軍艦奉行】榎本武揚(えのもとたけあき)【五稜郭で切腹?】
  5. あ行

    【池田屋事件の生き残り】大沢逸平(おおさわいっぺい)【尊王攘夷派】
PAGE TOP