あ行

【新選組一番隊組長】沖田 総司(おきたそうじ)【結核の天才剣士】

沖田 総司(おきたそうじ)
 
(?~慶応4年5月30日)
 
幼名は宗次郎
 
字は藤原 房良(ふじわら かねよし)、
日野八坂神社の献額には沖田惣次郎藤原春政
墓石には沖田宗治郎と刻んである。
 
 
〈スポンサードリンク〉


 
 

生い立ち

 
生年月日は不詳であるが、
天保15年説、13年説がある。
 
家系は奥州白河阿部氏に仕えた武家で、
 

沖田 勘右衛門
  ↓
三四郎
  ↓
勝次郎
  ↓
総司

となっている。
(沖田家菩提寺専称寺過去帳より)
 
沖田総司は勝次郎の長子で、
江戸麻布の阿部藩下屋敷で生まれたと伝えられている。
 
沖田家の石高は阿部藩分限帳によると、
二十二俵二人扶持と記されている。

総司は、父母と早くに死に別れたようで、
11歳年上の姉、沖田 ミツに育てられるが、
9歳の時から近藤勇の試衛館道場に入門し、
剣の修行に励んでいた。
 

「往年の沖田ミツ」

「往年の沖田ミツ」


 
ここで、沖田総司の天賦の才が見事開花し、
19歳で天然理心流免許皆伝となり、
塾頭として門人の指導にあたった。
 
 
〈スポンサードリンク〉


 

 
 

新選組として

文久3年春、
20歳の時、近藤勇らと共に京に上がり、
新選組隊士として、池田屋事件その他で活躍する。
 
当時の職名は、
副長助勤、新選組剣術師範頭である。
のちに幕臣として、
旗本の見廻組格という身分が与えられた。
 
不幸にも肺結核に罹患し、
幕府瓦解後、江戸に引き上げるも、
病状が悪化し、
浅草今戸の松本良順宅(一説には、千駄ヶ谷池尻橋の植木屋、平五郎方)で、
25歳の若さで病没した。
 

 
 
病臥中の沖田総司は、
「『もう病気は治った。もう一度剣を執って敵を斃すぞ』
と死に臨み絶えず口にす」

という記述が、
小島鹿之助の
「両雄逸事」
に記載されている。
 
 
墓所は、
東京都港区元麻布3丁目1−37
の浄土宗専称寺にある。
 
戒名は、
賢光院仁誉明道居士
 
辞世の句は、
「動かねば 闇にへだつや 花と水」
とも伝わる。
 

 
 

(Visited 330 times, 3 visits today)

【新選組隊士】沖田 承之進(おきたしょうのしん)【江戸入隊】前のページ

関連記事

  1. ま行

    【箱館編成新撰組会計方所属 】本武 権平(もとたけ ごんべい)【隊士名鑑】

    本武 権平(もとたけ ごんべい)  (文政9年~?) …

  2. あ行

    【元伊勢桑名藩卒】岡村亀太郎(おかむらかめたろう)【新選組隊士】

    岡村亀太郎(おかむらかめたろう) (生没年未詳) 元伊…

  3. あ行

    【永倉新八暗殺計画!?】荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)【新撰組隊士】

    荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)(?~文久3年9月26日…

  4. あ行

    【箱館編成新撰組隊士】明石 覚四郎(あかしかくしろう)【元肥前唐津藩士】

    明石 覚四郎(あかしかくしろう)(生没年未詳)…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【池田屋事件で斬死した革職人】大高又次郎(おおたかまたじろう)【大高製の皮具足】…
  2. あ行

    【清川八郎主宰の虎尾の会】石坂 周造(いしざか しゅうぞう)【尊王攘夷派】
  3. あ行

    【皇族 久邇宮(くにのみや)】朝彦親王(あさひこしんのう)※画像あり【新撰組の理…
  4. 小川亭跡地の石碑

    あ行

    【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】
  5. あ行

    【新撰組隊士】甘地 一撰(あまじいっせん)※別名 甘地稔
PAGE TOP