な行

【元大坂力士 矢筈獄】尊王志士 中津 彦太郎(なかつひこたろう)【池田谷事件】

中津 彦太郎(なかつひこたろう)

(天保4年~元治元年7月21日)

尊王志士。

彦太郎の他に、「直義」「義直」と名乗っていた。

肥後国菊池郡水次村の出身。
元、矢筈獄(やはずだけ)という四股名の
大坂力士

その後、赤星 彦太郎と名を変えて、
尊攘運動に加わり、
堺町門の変の後、長州へ行き、
七卿の警護についた。

池田屋に集まった二十数人の志士の中に
名前のあがっている一人であるが、
文久3年から元治元年に至るまでの行動は、
はっきりとしていない。

おそらく、高木 元右衛門らとともに、
三条 実実の命を受けて京都探索に上がり、
尊攘有志と朝議回復を策したのではないかと思われる。

池田屋事変では、襲撃を掻い潜って
長州屋敷へ逃れたといわれている。

その後、禁門の変に出撃し、
天王山で新撰組、幕府諸藩兵の追討を受け、
真木 和泉(まきいずみ)らとともに自決した。

墓所は、京都府大山崎町天王山にある。
享年32歳。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 272 times, 1 visits today)

関連記事

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【別撰組所属会津藩士】飯沼 友次郎(いいぬま ともじろう)
  2. あ行

    【新選組隊士】大村安宅(おおむらやすたく)【尊王志士】
  3. あ行

    【公武合体に尽力した維新十傑の一人】岩倉具視(いわくらともみ)【明治新政府の中枢…
  4. あ行

    【土方歳三の最期に立ち会った】大島寅雄(おおしまとらお)【歩兵頭並伝習第一大隊分…
  5. あ行

    【池田屋事件の生き残り】大沢逸平(おおさわいっぺい)【尊王攘夷派】
PAGE TOP