「往年の沖田ミツ」

あ行

【沖田総司の長姉】沖田 ミツ(おきたみつ)【新徴組組頭井上林太郎の妻】

沖田 ミツ(おきたみつ)
 
(天保4年4月8日~明治40年11月2日)
 
沖田総司の長姉。
 
 
〈スポンサードリンク〉


 
沖田ミツが14歳のころ、
井上林太郎を婿養子に向かえ、
沖田家を継ぐ。
 
井上(沖田)林太郎は、
江戸の新徴組組頭の任に就く。
 
慶応4年、
幕府が崩壊し、沖田林太郎は家族と共に、
新徴組付属の酒井候の所領、出羽庄内に引き上げることとなり、
沖田ミツは、林太郎に従い子供4人を連れて、
慶応4年2月26日、出羽庄内へと旅立った。
 
肺結核で病に伏していた弟の沖田総司を看病する肉親は、
誰もいなくなってしまった。
 
戊辰戦争が終わった明治5年。
沖田ミツは東京に戻り、
墨田区向島の梅屋敷に居住する。
 
夫の林太郎は、
明治15年に58歳で亡くなった。
 
その後、沖田ミツは、
長男の沖田芳次郎を頼って仙台の塩釜に行くが、
芳次郎は漁業に失敗し、
貧窮の中で明治24年、39歳の若さで亡くなった。
 
沖田ミツは、
明治11年に生まれた末子、
沖田卓吉(つなよし)を連れて、
長女、いしの嫁ぎ先に身を寄せる。
 
〈スポンサードリンク〉

 
 
その後、成人し、
満州鉄道の技手となり、旅順に赴任した、
沖田卓吉の後を追って、
明治39年、74歳になった沖田ミツは大連に渡る。
 
しかし翌年、
明治40年11月2日。
満鉄官舎にて、卓吉や嫁のハルに看取られ天寿を全うする。
 
享年75歳。
 
戒名は
至誠院実誉妙精大姉
 
 

(Visited 4 times, 1 visits today)

【肺結核?】沖田 総司(おきたそうじ)の発病はいつごろ?【新選組一番隊組長】前のページ

【池田屋事件参戦】奥沢 栄助(おくざわえいすけ)【新選組隊士伍長】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組諸士取調役兼監察】今井 裕次郎(いまい ゆうじろう)【隊士名鑑】

    今井 裕次郎(いまい ゆうじろう) (天保15~慶応4年1月5…

  2. あ行

    【新撰組を命名】武家伝奏 飛鳥井 雅典(あすかいまさのり)

    武家伝奏 飛鳥井 雅典(あすかいまさのり)(文政8年10月25…

  3. あ行

    【人斬り鍬次郎と呼ばれた新撰組隊士】大石鍬次郎(おおいしくわじろう)【一番組隊士の最後は】

    大石鍬次郎(おおいしくわじろう) (天保9年~明治3年10月1…

  4. あ行

    【新選組隊士】大谷良輔(おおたによしすけ)【隊士名鑑】

    大谷良輔(おおたによしすけ) (?~元治2年3月4日) …

  5. あ行

    【箱館編成新撰組第一分隊所属隊士】上田安達之助(うえだあだちのすけ)【隊士名鑑】

    上田安達之助(うえだあだちのすけ)(嘉永2年~?)安達…

  6. あ行

    【天然理心流の使い手】大谷勇雄(おおたにいさお)【新選組六番隊伍長】

    大谷勇雄(おおたにいさお) (天保4年~慶応4年?) …

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. 人物

    【新撰組を指揮した隻腕剣士】幕臣 伊庭 八郎(いば はちろう)【心形刀流の使い手…
  2. あ行

    【新撰組隊士】一瀬 寛治(いちのせ かんじ)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【新撰組隊士の謎】池田屋事件での服装(いけだやじけんでのふくそう)
  4. あ行

    【山南敬助最愛の女】明里(あけさと)【島原遊女】
  5. あ行

    【大坂東町奉行】有馬出雲守 則篤(ありまいずものかみのりあつ)
PAGE TOP