あ行

【近藤、土方、沖田参戦】新撰組が一躍有名になった事件 池田屋事件(池田屋事変)(いけだやじけん)【死者は?】

池田屋跡
 
池田屋事件(いけだやじけん)
 
元治元年4月22日、
松原通り木屋町で火事があり、
現場整理に出動した新撰組は、
そこで挙動不審な人物を捕縛する。
 
彼らの自供により、京都から退去を命じられた長州人が大挙して
潜入していることが判明した。
 
新撰組は探索方を動員して、
不審人物の捜査を開始する。
 
 
〈スポンサードリンク〉
 
その結果、6月初頭に、
宮部 鼎蔵(みやべ ていぞう)の下僕を捕らえ、
さらに事件当日の早朝、
四条木屋町で薪炭商を営む桝屋の主人、喜右衛門こと
古高 俊太郎を捕縛した。
 
桝屋方からは、具足、木砲、火薬などが発見され、
尋問の末、御所付近への放火と反長州派の大名への襲撃計画が明らかになる。
 
守護職や所司代などに通報した新撰組は、
34人の隊士を二手に分けて、
午後7時ごろ、四条通り付近から三条通りに向けて、
御用改めを開始する。
 
その頃、古高の捕縛を知った同志たち20余人は、
善後策の検討のため三条小橋西の池田屋で会合を開いていた。
 
近藤 勇の率いる、
わずか10人の隊士たちが池田屋に御用改めをかけたのは、
午後10時頃のことだった。
 
池田屋討ち入り
 
〈スポンサードリンク〉
 
屋内での戦闘が始まり、
やがて土方 歳三率いる部隊が到着。
 
井上 源三郎ら10人が池田屋に突入する。
残る14人は屋外の守備にあたった。
 
2時間余にして、屋内での戦いは終わる。
 
池田屋内外での死者は、
宮部 鼎蔵
大高 又次郎 
石川 潤之助
福岡 裕次郎
広岡 浪秀
望月 亀弥太
吉田 稔麿

などが確認され、
他に巻き添えを受けた者も数人確認されている。
 
新撰組の死者は、
奥沢 栄助
ただ一人で、
重傷者は
新田 革左衛門
安藤 早太郎
藤堂 平助

の3人のみであった。
 
その後も新選組は、
遅れて出動してきた会津や桑名などの諸藩兵と共に、
残党狩りを行い、翌朝の正午になって帰隊した。
 
 
この戦いの最中、沖田総司が吐血し一時倒れた。
など小説などで目にするが、
事実は確認されていない。
 
 
池田屋見取り図
 

(Visited 3,456 times, 1 visits today)

【池田屋事件の舞台】池田屋跡(いけだやあと)※現在の様子【新撰組対尊攘志士】前のページ

【新撰組隊士の謎】池田屋事件での服装(いけだやじけんでのふくそう)次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新選組隊士】岡島品三郎(おかじましなさぶろう)【同志連名記に記載】

    岡島品三郎(おかじましなさぶろう) (生没年未詳) 新…

  2. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】

    岡田五郎(おかだごろう) (生没年未詳) 新選組隊士。…

  3. あ行

    【島田魁の遺品】『英名録』(えいめいろく)【新撰組隊士名簿】

    『英名録』(えいめいろく) 島田魁の遺品として伝わる、慶応…

  4. あ行

    【高台寺党の江田小太郎?】江畑小太郎(えばたこたろう)【新撰組隊士】

    江畑小太郎(えばたこたろう) (生没年未詳) 江畠とも…

  5. あ行

    【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

    伊東甲子太郎らの分離 本格的な勤皇活動に邁進するため、新撰…

  6. あ行

    【新撰組隊士】五十嵐 伊織(いがらしいおり)【箱館編成新選組第一分隊所属】

    五十嵐 伊織 (生没年未詳) 江戸出身。箱館編成新…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. か行

    【御陵衛士結成の手助けをした】戒光寺(かいこうじ)【京都 新選組との関係】
  2. あ行

    【西郷千重子の父 会津藩士】飯沼 粂之進(いいぬま くめのしん)【隠居組】
  3. あ行

    【土方歳三の許嫁?】於琴(おこと)【佐藤彦五郎の遠縁】
  4. あ行

    【土方歳三の最期に立ち会った】大島寅雄(おおしまとらお)【歩兵頭並伝習第一大隊分…
  5. あ行

    【井上源三郎の甥として新撰組へ】井上 泰之進(いのうえ たいのしん)【11歳で入…
PAGE TOP