あ行

【池田屋事件で斬死した革職人】大高又次郎(おおたかまたじろう)【大高製の皮具足】

大高又次郎(おおたかまたじろう)
 
(文政4年12月~元治元年6月)
  
幼名勘助、のち重秋。 

播州林田藩士、大高六八郎義郷の次男として生まれる。
 
武芸、西洋砲術を習い、かつ革具足製作に精通していた。
(大高又次郎の革具足は「大高製の皮具足」として有名だった)
 
姫路で甲冑製造に従事していたが、
勤皇に志し、
安政5年に脱藩して京に入り、
梅田雲浜(うめだうんぴん)に師事した。
 
(画像は梅田雲浜)
 

 
〈スポンサードリンク〉
 
雲浜亡き後、
長州藩邸内に住み、
吉田稔麿(よしだとしまろ)、
吉岡庄助、
宮部鼎蔵(みやべていぞう)

らと交わり、
専ら同志達の武具を製作していた。
 
(画像は宮部鼎蔵)
 

 
のち、
桝喜を称した古高俊太郎の店の別棟に移り、
国元から家族を呼び寄せ、
同志の武具、兵器の調達にあたっていた。
 
(画像は古高俊太郎)
 

 
元治元年6月5日朝、
古高俊太郎は突如府に込んできた新選組に捕らえられていった。
 
宮部鼎蔵と共に三条木屋町の丹虎にいた大高又次郎は難を逃れたが、
その夜、
池田屋に集まって、
古高俊太郎奪還などの策を相談していた同志30余名と共に、
大高又次郎は新選組に襲われて斬死した。
 
享年44歳。
 
墓所は、
三縁寺(京都市左京区岩倉花園町)

東山霊山墓地(招魂碑)
にある。
 

 

(Visited 351 times, 1 visits today)

【池田屋事件で犠牲となった甲冑職人】大高忠兵衛(おおたかちゅうべえ)【尊王志士】前のページ

【土方軍対松前藩の戦い】大滝の戦い(おおたきのたたかい)次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組隊士】家木 将監(いえき しょうげん)【隊士名鑑】

    家木 将監(いえき しょうげん) (生没年未詳) 新撰…

  2. あ行

    【斎藤一の命を救った隊士】梅戸勝之進(うめどかつのしん)【新撰組隊士】

    梅戸勝之進(うめどかつのしん) (生没年未詳) 新撰組…

  3. あ行

    【新撰組隊士】蟻通 七五三之進(ありどおししめのしん)【隊士名鑑】

    蟻通 七五三之進(ありどおししめのしん)(生没年未詳)…

  4. あ行

    【壬生浪士結成二十四士の一人】遠藤丈庵(えんどうじょうあん)

    遠藤丈庵(えんどうじょうあん) (天保7年~?) 壬生…

  5. あ行

    【通称はじめ又七郎】大野右仲(おおのうちゅう)【箱館編成新選組頭取』

    大野右仲(おおのうちゅう) (天保7年12月8日~明治44年6…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【山南敬助最愛の女】明里(あけさと)【島原遊女】
  2. あ行

    【伝習隊第一大隊隊長】秋月 登之助(あきづきのぼりのすけ)※画像あり【会津藩士】…
  3. あ行

    【沖田総司の姉】沖田キン(おきたきん)【新選組】
  4. あ行

    【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』
  5. あ行

    【新撰組隊士】市橋 鎌吉(いちはし けんきち)【隊士名鑑】
PAGE TOP