あ行

【回天隊隊士】浅倉隼之助(あさくらはやのすけ)【土方歳三と共闘】

浅倉 隼之助(あさくらはやのすけ)

(生没年未詳)

朝倉・早之助・隼之進とも。

浅倉 隼之助の関する資料は少なく、
はっきりする部分が少ないのが現状。
回天隊の隊士と思われる。

〈スポンサードリンク〉

箱館戦争時、
彰義隊改役を務めた丸毛 利恒が、

「朝倉は回天隊の人、回天隊は戊辰の役、
青山梅窓院に屯集し会津へ脱せし隊なり後、
新撰組に合し箱館に入る」

と記し、
新撰組隊士、石井 勇次郎は
「略記」の11月朔日の頃で、

「士官隊五十人ヲ率ル者朝倉隼之進也」

と土方 歳三の指揮する松前攻撃隊に
浅倉が参加したとしている。

また、新政府軍の間諜の記録と、
戦争日記に、

「市中掛新撰組掛 浅倉早之助」
「新撰組長朝倉隼之助」
と、浅倉の役職を土方 歳三と見紛う地位にある記録
残っている。

前述の丸毛 利恒は浅倉のその後の行方を、
「室蘭地方に赴き居れり」
としている。

新撰組隊士の書き記した書に出てこない浅倉は、
明治2年10月、蝦夷地から護送され、
旧藩へ移送の前夜、
仮託を脱走し、旧藩臣宅に潜伏中に捕縛され、
東京軍務局に入牢しているが、
その後の行方は不明である。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 632 times, 1 visits today)

【坂本龍馬の常宿の一つと言われた宿】明保野亭事件(あけぼのていじけん)【倒幕派】前のページ

【新撰組副長助勤】浅野 藤太郎(あさのとうたろう)【沖田総司に斬られた】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組隊士】一色 善之丞(いっしき ぜんのじょう)【隊士名鑑】

    一色 善之丞(いっしき ぜんのじょう)  (生没年未詳…

  2. あ行

    【近藤勇を襲撃した元新撰組隊士】内海次郎(うつみじろう)【新撰組から御陵衛士へ】

    内海次郎(うつみじろう) (天保6年~?) 二郎、正忠…

  3. あ行

    【伊東甲子太郎、島田魁から逃亡した】上田末次(うえだまつじ)【新撰組隊士】

    上田末次(うえだまつじ) (弘化3年~?) 新撰組隊士…

  4. あ行

    【新撰組隊士】局長附人数 内山元次郎(うちやまもとじろう)【隊士名鑑】

    内山元次郎 新撰組隊士。 慶応3年6月以降に入隊し、…

  5. あ行

    【新撰組隊士】伊藤 与八郎(いとう よはちろう)【隊士名鑑】

    伊藤 与八郎(いとう よはちろう)  (生没年未詳) …

  6. あ行

    【神道無念流】撃剣館・岡田十松道場跡(おかだじゅうまつどうじょうあと)【永倉新八】

    撃剣館・岡田十松道場跡(げきけんかん・おかだじゅうまつどうじょうあと)…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組隊士】石井 伊之助(いしい いのすけ)【隊士名鑑】
  2. あ行

    【土方歳三も後送された】今市本陣跡(いまいちほんじんあと)【栃木観光】
  3. あ行

    【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』
  4. あ行

    【箱館編成新撰組第二分隊所属隊士】御勘定方下役 内山栄八(うちやまえいはち)【隊…
  5. あ行

    【新撰組隊士】一色 善之丞(いっしき ぜんのじょう)【隊士名鑑】
PAGE TOP