あ行

【坂本龍馬の常宿の一つと言われた宿】明保野亭事件(あけぼのていじけん)【倒幕派】

akebono

明保野亭事件(あけぼのていじけん)

元治元年6月10日未明、
東山清水産寧坂の料亭明保野に、
不審の浪士が集合しているとの
情報を入手した新撰組は、
武田 観柳斎、浅野 藤太郎を指揮者として、
隊士15名と当時応援のために隊に出向していた、
会津藩の青年5名を明保野へ向かわせた。

〈スポンサードリンク〉

捜査の結果、浪士集合の事実は確認できなかったが、
居合わせた一人の武士が逃走しようとしたので、
柴 司(会津藩士 柴 幾馬の弟)が、
これを制止しようとして槍で相手に傷を負わせた。

この武士は、土佐藩士 麻田 時太郎という男で、
単に明保野で飲食中であったことがわかり、
会津藩では土佐藩との関係に悪影響が生じるのを恐れ、
見舞いの使者を派遣したが、
土佐藩は麻田の挙動も不適切だったと「士道不覚悟」として、
彼を自刃させたので、
両藩の関係に微妙なかげりが生じるに至った。

だがこの事態を憂慮した柴 司が、
自ら6月12日に兄の介錯の下、自刃
して、
土佐藩に陳謝の意を表したため、
この事件は、円満に解決したと言われている。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 654 times, 1 visits today)

【明保野亭事件の舞台】明保野亭跡(あけぼのていあと)前のページ

【回天隊隊士】浅倉隼之助(あさくらはやのすけ)【土方歳三と共闘】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【大坂東町奉行】有馬出雲守 則篤(ありまいずものかみのりあつ)

    町奉行 有馬出雲守 則篤(ありまいずものかみのりあつ)(文政9…

  2. あ行

    【人斬り鍬次郎と呼ばれた新撰組隊士】大石鍬次郎(おおいしくわじろう)【一番組隊士の最後は】

    大石鍬次郎(おおいしくわじろう) (天保9年~明治3年10月1…

  3. あ行

    【四番隊所属新選組隊士】小川一作(おがわいっさく)【天然理心流剣術】

    小川一作(おがわいっさく) (天保14年~?) 尾張出…

  4. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】

    『江戸会誌』 栗本鋤雲(くりもとじょうん)、内藤耻叟(ない…

  5. あ行

    【幕府の蘭方医学校】医学所跡(いがくしょあと)【和泉橋観光】

    医学所跡(いがくしょあと) (東京都台東区1丁目) 幕…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【最後まで土方歳三と戦った】蟻通 勘吾(ありどおしかんご)【新撰組隊士】
  2. あ行

    【近藤勇の天然理心流四代目襲名披露試合が行われた】大國魂神社(おおくにたまじんじ…
  3. あ行

    【箱館戦争】一本木の戦闘、土方歳三最期の戦い【観光地】
  4. あ行

    【島田魁の遺品】『英名録』(えいめいろく)【新撰組隊士名簿】
  5. あ行

    【土佐勤皇党】大利鼎吉(おおりていきち)【坂本龍馬、田中光顕と交流のあった】
PAGE TOP