あ行

【初代中央気象台長】幕臣 荒井 郁之助(あらいいくのすけ)※画像あり

あらいいくのすけ

幕臣 荒井 郁之助(あらいいくのすけ)

(天保7年~明治42年7月19日)

顕徳とも。
代官 荒井 清兵衛顕道の子。
矢田堀 鴻(やたぼりこう)の甥。
幕臣。

文久3年、軍艦操練所教授方手伝として、
江戸湾測量に従事する。
また千秋丸で小笠原島へ出張した。

〈スポンサードリンク〉

講武所取締役、歩兵頭並を経て
慶応4年に軍艦頭に。
同年8月、旧幕諸艦とともに品川を脱走。

明治元年10月、箱館に至り、
旧幕軍蝦夷地政権の海軍奉行に就く。

明治2年3月の宮古湾海戦では、
土方 歳三、相馬 主計、野村 利三郎ら新撰組。
神木・彰義隊両隊の奇襲部隊と回天に乗艦。
接舷攻撃の際に司令官として参戦した。

戦死した艦長の甲賀 源吾に代わり、
退却命令を出し、箱館へ帰港する。

5月11日、すでに浮砲台と化した回天で、
箱館港内にて防戦するが支えきれず、
回天を自焼して五稜郭に篭った。

降伏後、
榎本 武揚、松平 太郎、相馬らと東京へ送られ入獄。
5年後許されて開拓使五等出仕する。

後に、内務省地理局次長などを経て、
初代中央気象台長となる。

墓所は、
東京都渋谷区広尾5丁目の祥雲寺にある。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 1,354 times, 1 visits today)

【斎藤一の墓所】阿弥陀寺(あみだじ)※画像あり【 会津戊辰戦争観光】前のページ

【新撰組隊士】新井 忠雄(あらいただお)【その後、赤報隊へ】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【強盗殺人を犯した】伊藤 浪乃介(いとう なみのすけ)【新撰組七番組隊士】

    伊藤 浪乃介(いとう なみのすけ) (?~明治2年2月8日)…

  2. あ行

    【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

    伊東甲子太郎らの分離 本格的な勤皇活動に邁進するため、新撰…

  3. あ行

    【土方歳三の遺品を届けた少年隊士】市村 鉄之助(いちむら てつのすけ)【ピースメーカー鐵主人公】

    (画像はNHK大河ドラマスペシャル 【新撰組 土方歳三最期の一日】…

  4. あ行

    【箱館戦争で敵討ちを果たした】印具 馬作(いんぐ まさく)【新撰組隊士】

    印具 馬作(いんぐ まさく) (天保14年5月22日~明治33…

  5. あ行

    【幕府の漢方医学校】医学館跡(いがくかんあと)【浅草橋観光】

     医学館跡 (東京都台東区浅草橋4丁目) 幕府…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【宮川数馬?桜井数馬?の変名?】小田 数馬(おだ かずま)【新選組隊士】
  2. あ行

    【通称はじめ又七郎】大野右仲(おおのうちゅう)【箱館編成新選組頭取』
  3. あ行

    【土方歳三の丁稚奉公先】伊藤松坂屋(いとうまつざかや)【現 上野松坂屋】
  4. た行

    【箱館編成新撰組隊士】高仲 重次郎(たかちゅうしげじろう)※別名 天野 十郎
  5. あ行

    【新撰組隊士 教授心得並】逸見 勝三郎(いつみ かつさぶろう)【隊士名鑑】
PAGE TOP