あ行

【初代中央気象台長】幕臣 荒井 郁之助(あらいいくのすけ)※画像あり

あらいいくのすけ

幕臣 荒井 郁之助(あらいいくのすけ)

(天保7年~明治42年7月19日)

顕徳とも。
代官 荒井 清兵衛顕道の子。
矢田堀 鴻(やたぼりこう)の甥。
幕臣。

文久3年、軍艦操練所教授方手伝として、
江戸湾測量に従事する。
また千秋丸で小笠原島へ出張した。

〈スポンサードリンク〉

講武所取締役、歩兵頭並を経て
慶応4年に軍艦頭に。
同年8月、旧幕諸艦とともに品川を脱走。

明治元年10月、箱館に至り、
旧幕軍蝦夷地政権の海軍奉行に就く。

明治2年3月の宮古湾海戦では、
土方 歳三、相馬 主計、野村 利三郎ら新撰組。
神木・彰義隊両隊の奇襲部隊と回天に乗艦。
接舷攻撃の際に司令官として参戦した。

戦死した艦長の甲賀 源吾に代わり、
退却命令を出し、箱館へ帰港する。

5月11日、すでに浮砲台と化した回天で、
箱館港内にて防戦するが支えきれず、
回天を自焼して五稜郭に篭った。

降伏後、
榎本 武揚、松平 太郎、相馬らと東京へ送られ入獄。
5年後許されて開拓使五等出仕する。

後に、内務省地理局次長などを経て、
初代中央気象台長となる。

墓所は、
東京都渋谷区広尾5丁目の祥雲寺にある。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 950 times, 1 visits today)

【斎藤一の墓所】阿弥陀寺(あみだじ)※画像あり【 会津戊辰戦争観光】前のページ

【新撰組隊士】新井 忠雄(あらいただお)【その後、赤報隊へ】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【天然理心流の使い手】大谷勇雄(おおたにいさお)【新選組六番隊伍長】

    大谷勇雄(おおたにいさお) (天保4年~慶応4年?) …

  2. あ行

    【芹沢鴨に邪魔された】隊士 佐々木 愛次郎の恋人、あぐり(あぐり)

    あぐり(あぐり)(安政4年~文久3年8月2日)京都二条…

  3. あ行

    【新撰組隊士】一瀬 寛治(いちのせ かんじ)【隊士名鑑】

    一瀬 寛治(いちのせ かんじ) (生没年未詳)新撰組隊…

  4. あ行

    【回天隊隊士】浅倉隼之助(あさくらはやのすけ)【土方歳三と共闘】

    浅倉 隼之助(あさくらはやのすけ)(生没年未詳)朝倉・…

  5. あ行

    【新撰組隊士】石井 七郎(いしい しちろう)【隊士名鑑】

    石井 七郎(いしい しちろう) (生没年未詳) 新撰組…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【土方歳三も後送された】今市本陣跡(いまいちほんじんあと)【栃木観光】
  2. あ行

    【大坂力士との乱闘】大坂角力力士斬殺事件(おおさかすもうりきしざんさつじけん)【…
  3. あ行

    【回天艦乗組員】安藤 太郎(あんどうたろう)【ハワイ総領事】
  4. あ行

    【新撰組隊士】蟻通 七五三之進(ありどおししめのしん)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【土方歳三最期の地と言われる】異国橋跡(いこくばしあと)【箱館戦争観光】
PAGE TOP