あ行

【新撰組土方歳三の愛刀】和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)【刀剣乱舞でも人気】

和泉守兼定
 
和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)
 
古刀関の孫六兼元とともに美濃を代表する
刀工和泉守兼定の子孫である。
 
初代和泉守兼定の孫、四代兼定が奥州会津に移り住み、
数えて十一代目が通称
「会津十一代兼定」
和泉守兼定であり、
幕末当時、実践刀として重宝された。
 
新撰組副隊長土方 歳三は、
この十一代兼定を何振りも持っていたようだ。
 
土方 歳三佩刀中の一振り、
二尺二寸八分、
慶応3年2月日の裏年記がある兼定が、
現在、日野市の土方 歳三生家に遺品として残されている。
 
〈スポンサードリンク〉

 
※十一代目兼定写真 
兼定写真
 
この会津十一代目兼定は、会津藩主松平 容保が
京都守護職を拝命の折、
上洛して鍛刀した。
 
在洛中、門人の刀工大隅守広光が記録した、
師の刀剣注文帳が現存しており、
慶応3年1月4日付で、
「新セン組」
「脇差一本一尺六寸 新選組 島田魅(まま)」
と記載されている。
 
土方 歳三はじめ、
刀の消耗の激しい新撰組隊士たちは、
斬れ味の鋭い、この十一代兼定をこぞって帯び、
市中巡回の任についていた。
 

 

(Visited 1,963 times, 1 visits today)

【新撰組の名を騙り斬首】石塚巌の殺害(いしづかいわおのさつがい)【さらし首】前のページ

【新撰組隊士】一瀬 寛治(いちのせ かんじ)【隊士名鑑】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【壬生浪士組結成二十四士の一人】阿比留 鋭三郎(あびるえいざぶろう)【北辰一刀流】

    阿比留 鋭三郎(あびるえいざぶろう)(天保13年~文久3年4月…

  2. あ行

    【新撰組 鬼の副長】 現存する土方歳三の遺刀 葵御紋康継(あおいごもんやすつぐ)

    葵御紋康継(あおいごもんやすつぐ)土方歳三の遺刀とされている。…

  3. あ行

    【八幡隊隊長】有吉 熊次郎(ありよしくまじろう)【池田谷事件を生き残った】

    有吉 熊次郎(ありよしくまじろう)(天保13年~元治元年7月1…

  4. あ行

    【見廻組隊士】飯田 七九郎(いいだ しちくろう)【隊士名鑑】

    飯田 七九郎(いいだ しちくろう)(文政2年~慶応4年1月5日…

  5. あ行

    【人斬り鍬次郎と呼ばれた新撰組隊士】大石鍬次郎(おおいしくわじろう)【一番組隊士の最後は】

    大石鍬次郎(おおいしくわじろう) (天保9年~明治3年10月1…

  6. あ行

    【新撰組隊士】甘地 一撰(あまじいっせん)※別名 甘地稔

    甘地 一撰(あまじいっせん)(生没年未詳)新撰組隊…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【土方歳三も後送された】今市本陣跡(いまいちほんじんあと)【栃木観光】
  2. あ行

    【人斬り鍬次郎と呼ばれた新撰組隊士】大石鍬次郎(おおいしくわじろう)【一番組隊士…
  3. た行

    【箱館編成新撰組隊士】高仲 重次郎(たかちゅうしげじろう)※別名 天野 十郎
  4. 小川亭跡地の石碑

    あ行

    【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】
  5. さ行

    【新撰組最強の無敵の剣!?】三番組隊長 斎藤 一(さいとう はじめ)【ついに顔写…
PAGE TOP