あ行

【甲陽鎮撫隊の落合場所となった】大久保主膳正邸跡(おおくぼしゅぜんのしょうていあと)【大久保稲荷神社 森下観光】

大久保主膳正邸跡(おおくぼしゅぜんのしょうていあと)
 
(東京都江東区森下2丁目)
 
慶応4年3月、
甲州勝沼から敗走した甲陽鎮撫隊が、
江戸での落合場所に定めたとされる場所。

 
現在はすでに取り壊され、別の建物が建てられているが、
跡地の一角に旧屋敷神だった稲荷神社が、
「大久保稲荷神社」
として現在も残されている。
 

 
〈スポンサードリンク〉
 
 
大久保主膳正(本国三河、禄高5000石)は、
京都町奉行を務めた縁で、近藤勇らと面識があった。
 
永倉新八の記録では、
大久保邸に敗走後の隊士らが集結したが、
近藤勇が遅着したため、多くの隊士が新撰組を見限り、離散していったという。
 
だが、おそらくは、近藤と永倉らとの意見の衝突などがあったものと思われ、
以後、
近藤勇、土方歳三と永倉新八、原田左之助らは訣別した。
 
正式な記録は残っていないが、
この出来事は、3月10日から12日ごろまでのことと思われる。
 
この時、同じく勝沼から敗走し、帰府した中島登、島田魁、立川主税らの記録には、
大久保邸に関する記述はなく、
東帰後、今戸を経て五兵衛新田に向かったとあり、
講習敗走直後から、
すでに近藤勇らと永倉新八らとの間で、
落合所などを巡って意見の錯綜があった気配もある。
 
 

(Visited 253 times, 1 visits today)

【近藤勇の天然理心流四代目襲名披露試合が行われた】大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)【東京都府中市観光】前のページ

【紀尾井坂の変で暗殺された薩摩藩士】大久保利通(おおくぼとしみち)【維新の三傑】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】

    岡田五郎(おかだごろう) (生没年未詳) 新選組隊士。…

  2. あ行

    【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』

      遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう) (天保7年…

  3. あ行

    【土佐勤皇党】大利鼎吉(おおりていきち)【坂本龍馬、田中光顕と交流のあった】

    大利鼎吉(おおりていきち) (天保13年~慶応元年1月8日)…

  4. あ行

    【新選組隊士】大村安宅(おおむらやすたく)【尊王志士】

    大村安宅(おおむらやすたく) (天保12年~元治元年12月20…

  5. あ行

    【唐津藩主小笠原長泰の四男】小笠原胖之助(おがさわらはんのすけ)【仙台加盟新選組指図役】

    小笠原胖之助(おがさわらはんのすけ) (嘉永5年~明治元年10…

  6. あ行

    【新撰組 斎藤一の別称】一戸 伝八(いちのへ でんぱち)【三番組隊長】

    一戸 伝八(いちのへ でんぱち)  ※斎藤一を参照新撰…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【水口藩家老岡田 直二郎暗殺】安藤 鉄馬(あんどうてつま)【尊王志士】
  2. あ行

    【新撰組隊士】石井 伊之助(いしい いのすけ)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【王政復古を推進した公家】正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる)【嵯峨実…
  4. あ行

    【新撰組剣術師範】池田 小三郎(いけだ こさぶろう)【伍長】
  5. あ行

    【神道無念流】撃剣館・岡田十松道場跡(おかだじゅうまつどうじょうあと)【永倉新八…
PAGE TOP