あ行

【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』


 
 
遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)
 
(天保7年~明治32年4月20日)
 
允信(さねのぶ)とも。
 
陸奥栗原郡川口村出身。
仙台藩執政。
 
藩内勤皇派の領袖であった遠藤文七郎は、
文久2年、藩命により一時上京するが、
翌3年1月に政争に敗れて閉門処分となる。
 
5年後の慶応4年9月、
新政府軍に反抗した奥羽越列藩同盟が敗北し、
藩内の佐幕派が失脚したため、閉門を解かれ執政に復職する。
 
 
9月12日、
仙台藩の降伏恭順に抗議する
榎本武揚、土方歳三と会見するが決裂。
 
その際、遠藤文七郎は土方歳三の事を
「斗屑の小人、論ずるに足らず」
と評したという。
 
維新後は、藩大参時となるが、のちに神職に転じ、
塩釜神社の宮司などを務めた。
 
 
享年64歳。
 
墓所は宮城県栗原郡花山村の城国寺にある。
 

 
〈スポンサードリンク〉

(Visited 643 times, 1 visits today)

【壬生浪士結成二十四士の一人】遠藤丈庵(えんどうじょうあん)前のページ

【池田屋事件の被害者?】近江屋マサ(おうみやまさ)【近江屋女将】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【壬生浪士組結成二十四士の一人】阿比留 鋭三郎(あびるえいざぶろう)【北辰一刀流】

    阿比留 鋭三郎(あびるえいざぶろう)(天保13年~文久3年4月…

  2. あ行

    【池田屋事件で犠牲となった甲冑職人】大高忠兵衛(おおたかちゅうべえ)【尊王志士】

    大高忠兵衛(おおたかちゅうべえ) (文政6年3月1日~元治元年…

  3. あ行

    【新撰組隊士】石井 伊之助(いしい いのすけ)【隊士名鑑】

    石井 伊之助(いしい いのすけ) (生没年未詳) 新撰…

  4. あ行

    【箱館編成新撰組第四分隊所属】市橋 秀松(いちはし ひでまつ)【隊士名鑑】

    市橋 秀松(いちはし ひでまつ)  (嘉永2年~?) …

  5. あ行

    【土方歳三最期の地と言われる】異国橋跡(いこくばしあと)【箱館戦争観光】

     異国橋跡(いこくばしあと) (北海道函館市豊川町7番…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新選組隊士】岡戸万次郎(おかどまんじろう)【筑後久留米出身】
  2. あ行

    【昭和まで生き残った新撰組最後の隊士】池田 七三郎(いけだ しちさぶろう)(稗田…
  3. あ行

    【芹沢鴨も赴いた虎の見世物】因幡薬師(いなばやくし)(平等寺)【無病息災インコ守…
  4. あ行

    【人斬り大石鍬次郎の実弟】大石造酒蔵(おおいしみきぞう)【一橋家家臣】
  5. あ行

    【新撰組隊士】石井 七郎(いしい しちろう)【隊士名鑑】
PAGE TOP