あ行

【昭和まで生き残った新撰組最後の隊士】池田 七三郎(いけだ しちさぶろう)(稗田 利八)【近藤勇の小姓】

池田七三郎
 
池田 七三郎(いけだ しちさぶろう)
稗田 利八(ひえだ りはち)
 
(嘉永2年11月13日~昭和13年1月16日)
 
本性は稗田 利八。
 
上総国山辺郡田間村(現・千葉県東金市)の商人、
稗田 三五七の三男に生まれ、
慶応元年、17歳で
「武士になりたい」
の一念で江戸へ出た。
 
牛込飯田町仲町下の一刀流天野静一郎に入門。
 
その後、同師の推挙により
旗本 永見 貞之丞の家来となる。
 
〈スポンサードリンク〉
 
永見家で尊敬していた弘前脱藩の毛内 有之助がいたのが、
新撰組への入隊を決意させた。
 
慶応3年11月に上洛。
当分、見習局長付となり、近藤 勇の小姓を務めた。
 
慶応4年1月、鳥羽伏見の戦いで右脇下に銃弾を受け、
同年3月、甲州勝沼では再び右耳から鼻へ貫通銃創を受けた。
 
 
その結果、戸板で運ばれ、若松城下で戦列に復帰する。
 
9月に如来堂で戦い、
全員討ち死にかと思われたが生き延び、
水戸諸生軍と水戸へ。
 
すべての計画が失敗し、
船で利根川を下り、10月に高崎領銚子で降伏する。
 
その後、東京へ護送され、1年間の謹慎後、放免された。
 
享年90歳。
 
墓所は、
東京都港区麻布台真浄寺にある。
 

 
 

(Visited 13,109 times, 3 visits today)

【新撰組剣術師範】池田 小三郎(いけだ こさぶろう)【伍長】前のページ

【新撰組隊士】池田 庄司(いけだ しょうじ)【隊士名鑑】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新選組一番隊組長】沖田 総司(おきたそうじ)【結核の天才剣士】

    沖田 総司(おきたそうじ) (?~慶応4年5月30日) …

  2. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】

    岡田五郎(おかだごろう) (生没年未詳) 新選組隊士。…

  3. あ行

    【清川八郎主宰の虎尾の会】石坂 周造(いしざか しゅうぞう)【尊王攘夷派】

     石坂 周造(いしざか しゅうぞう) (天保3年~明治…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【土方歳三の許嫁?】於琴(おこと)【佐藤彦五郎の遠縁】
  2. あ行

    【新撰組に捉えられた見廻組隊士】大沢源次郎(おおさわげんじろう)
  3. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】
  4. あ行

    【新撰組隊士】大内鎗之介(おおうちやりのすけ)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【土方軍対松前藩の戦い】大滝の戦い(おおたきのたたかい)
PAGE TOP