あ行

【壬生浪士組結成二十四士の一人】家里 次郎(いえざと つぐお)【隊士名鑑】

壬生
 
家里 次郎(いえざと つぐお)
 
(天保10年~文久3年4月24日)
伊勢松坂出身。
 
壬生浪士組結成二十四士の一人
 
 
名を継緒と記した史料も存在する。
 

小林 清右衛門
妻 あさ

の二男として生まれ、
母の弟 家里 悠然に養われる。
 
 
のちに京都で暗殺された儒学者 家里 松嶹(いえざとしょうとう)は次郎の従兄で、
義兄でもあった。
 
安政4年には京都の松嶹の家に厄介になっていたが、
「無頼」「風流男子」
などと評される人物であった。
のちに江戸へ下る。
 
〈スポンサードリンク〉

文久3年2月、25歳で幕府の浪士募集に応じ、
一番組小頭 根岸 友山の組子として上洛。
同年3月、浪士組の東帰が決まると、
浪士取扱 鵜殿 鳩翁(うどの きゅうおう)から、
殿内 義雄とともに残留希望者を取りまとめるよう委任された。
 
家里は、大いに意気込んで殿内と協力し、
同志を集めて12日会津藩預りとなったが、
殿内が暗殺され、
自派の同志が脱走するに及んで一人残された。
 
翌月21日、大阪へ下る将軍の警護に加わったらしいが、
24日、大坂常安橋会所で近藤らに詰め腹を切らされた。
 

(Visited 1,638 times, 1 visits today)

【新撰組隊士】家木 将監(いえき しょうげん)【隊士名鑑】前のページ

【幕府の漢方医学校】医学館跡(いがくかんあと)【浅草橋観光】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組諸士取調役兼監察】今井 裕次郎(いまい ゆうじろう)【隊士名鑑】

    今井 裕次郎(いまい ゆうじろう) (天保15~慶応4年1月5…

  2. あ行

    【新撰組隊士】 相場 薫三郎(あいば くんざぶろう)

    相場 薫三郎(あいば くんざぶろう)天保13年~?新撰…

  3. あ行

    【新撰組隊士】天海 勝之進(あまみかつのしん)【局長附人数】

    天海 勝之進(あまみかつのしん)(生没年未詳)勝之…

  4. あ行

    【明保野亭事件の舞台】明保野亭跡(あけぼのていあと)

    明保野亭跡(あけぼのていあと)(京都市東山区清水産寧坂…

  5. あ行

    【新撰組隊士から】足立 林太郎(あだちりんたろう)【札幌区議会議員へ】

    足立 林太郎(あだちりんたろう)(弘化4年~大正8年8月16日…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【浪士組の取締役を担当した幕臣】鵜殿鳩翁(うどのきゅうおう)【別名 鵜殿長鋭(う…
  2. あ行

    【新撰組隊士】家木 将監(いえき しょうげん)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【別撰組所属会津藩士】飯沼 友次郎(いいぬま ともじろう)
  4. あ行

    【壬生浪士組結成二十四士の一人】家里 次郎(いえざと つぐお)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【両長召抱人の後、土方歳三附属となった新撰組隊士】上田馬之丞(うえだうまのじょう…
PAGE TOP