あ行

【山南敬助最愛の女】明里(あけさと)【島原遊女】

明里(あけさと)

(生没年未詳)

山南 敬助の愛人。

元治2年2月23日、入京して丁度2年目、
山南 敬助は新撰組を脱走したが、
大津の宿で、沖田 総司に発見され、
壬生へ連れ戻された後、屯所前川邸の一室で、
沖田 総司介錯の元、切腹した。

山南切腹の知らせを受けて、
島原から愛人の明里が駆けつけ、
窓越しの山南と最後の対面をし泣き崩れたという。

前川邸の西の出窓(坊主通り側、現在しない)の格子越しに、
切腹寸前の山南との別れを惜しんで泣き崩れる様子を、
自宅門前にて密かに眺めていた八木 為三郎の
「壬生ばなし」は有名である。

明里は、島原の遊女だが、
21~22歳の上品な女性であったという。

彼女のその後のことについては知られていない。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 1,142 times, 1 visits today)

【芹沢鴨に邪魔された】隊士 佐々木 愛次郎の恋人、あぐり(あぐり)前のページ

【明保野亭事件の舞台】明保野亭跡(あけぼのていあと)次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新選組隊士】岡島品三郎(おかじましなさぶろう)【同志連名記に記載】

    岡島品三郎(おかじましなさぶろう) (生没年未詳) 新…

  2. あ行

    【徳川家家臣から新撰組へ】江川七郎(えがわしちろう)【箱館編成新撰組隊士】

    江川七郎(えがわしちろう) (生没年未詳) 諱を助之(…

  3. あ行

    【土方歳三と共闘した】大鳥圭介(おおとりけいすけ)【伝習隊大隊長】

    大鳥圭介(おおとりけいすけ)(写真中央が大鳥圭介) (天保…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【強盗殺人を犯した】伊藤 浪乃介(いとう なみのすけ)【新撰組七番組隊士】
  2. た行

    【箱館編成新撰組隊士】高仲 重次郎(たかちゅうしげじろう)※別名 天野 十郎
  3. あ行

    【新撰組隊士】市橋 鎌吉(いちはし けんきち)【隊士名鑑】
  4. あ行

    【池田谷事件土方隊所属】伊木 八郎(いき はちろう)【新撰組隊士】
  5. あ行

    【新撰組隊士】阿部 隼多(あべはやた)【隊士名鑑】
PAGE TOP