あ行

【山南敬助最愛の女】明里(あけさと)【島原遊女】

明里(あけさと)

(生没年未詳)

山南 敬助の愛人。

元治2年2月23日、入京して丁度2年目、
山南 敬助は新撰組を脱走したが、
大津の宿で、沖田 総司に発見され、
壬生へ連れ戻された後、屯所前川邸の一室で、
沖田 総司介錯の元、切腹した。

山南切腹の知らせを受けて、
島原から愛人の明里が駆けつけ、
窓越しの山南と最後の対面をし泣き崩れたという。

前川邸の西の出窓(坊主通り側、現在しない)の格子越しに、
切腹寸前の山南との別れを惜しんで泣き崩れる様子を、
自宅門前にて密かに眺めていた八木 為三郎の
「壬生ばなし」は有名である。

明里は、島原の遊女だが、
21~22歳の上品な女性であったという。

彼女のその後のことについては知られていない。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 1,437 times, 1 visits today)

【芹沢鴨に邪魔された】隊士 佐々木 愛次郎の恋人、あぐり(あぐり)前のページ

【明保野亭事件の舞台】明保野亭跡(あけぼのていあと)次のページ

関連記事

  1. あ行

    【王政復古を推進した公家】正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる)【嵯峨実愛】

     正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる) (文…

  2. あ行

    【芹沢鴨と共に殺害された悲運の女性】お梅(おうめ)【太物問屋菱屋の妾】

    お梅(おうめ) (?~文久3年9月18日) 京都四条堀…

  3. あ行

    【箱館政府総裁となった軍艦奉行】榎本武揚(えのもとたけあき)【五稜郭で切腹?】

    榎本武揚(えのもとたけあき) (天保7年8月25日~明治41年…

  4. あ行

    【人斬り大石鍬次郎の実弟】大石造酒蔵(おおいしみきぞう)【一橋家家臣】

    大石造酒蔵(おおいしみきぞう) (?~慶応2年2月5日) …

  5. あ行

    【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』

      遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう) (天保7年…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【戊辰戦争時、新撰組も乗せた】榎本艦隊(えのもとかんたい)【五稜郭入城】
  2. あ行

    【伊東甲子太郎暗殺】油小路の変(あぶらのこうじのへん)(七条油小路)※画像あり【…
  3. あ行

    【新撰組隊士】大内鎗之介(おおうちやりのすけ)【隊士名鑑】
  4. あ行

    【新撰組隊士】局長附人数 内山元次郎(うちやまもとじろう)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【新撰組屯所】 秋月右京亮邸跡(あきづきうきょうのすけていあと)【現、三菱東京U…
PAGE TOP