あ行

【斎藤一の墓所】阿弥陀寺(あみだじ)※画像あり【 会津戊辰戦争観光】

阿弥陀寺

阿弥陀寺(あみだじ)

(会津若松市七日町)

会津戊辰戦争の際、
城下戦で戦死した会津人の遺体は、
賊として西軍から埋葬を禁じられ、
放置された遺体は腐敗し、鳥や犬に食われ、
死臭漂い酸鼻を極めた。

嘆願の末、ようやく許可が下り、
大穴を16箇所に分けて寺々に掘り、
投げ込むように埋葬された。
阿弥陀寺も埋葬に使われたうちのひとつである。

山門の左奥に戦死者1281人が眠る墓所がある。
その側には藤田 五郎(斎藤 一)の墓所もある。
藤田家墓
〈スポンサードリンク〉

この藤田の墓所は、味方の遺体の埋葬を手伝った
高木 時尾(斎藤 一の妻)へ、
松平 容保から賜ったものといわれている。

またこの阿弥陀寺本堂は、
鶴ヶ城内の3階を移築したもの。

記録では3階になるが、実際は4階部分にあたる。
藩主と重臣が密議を謀るときに使用された場所で、
3階から梯子を掛け、上がれるようになっており、
梯子を外すと誰も上れないようにできていた。

この部分が阿弥陀寺に移築されている。
建物裏に回ると、当時の弾痕がそのまま残されている。

〈スポンサードリンク〉

(Visited 585 times, 1 visits today)

【新撰組隊士】天海 勝之進(あまみかつのしん)【局長附人数】前のページ

【初代中央気象台長】幕臣 荒井 郁之助(あらいいくのすけ)※画像あり次のページ

関連記事

  1. あ行

    【壬生浪士組結成二十四士の一人】家里 次郎(いえざと つぐお)【隊士名鑑】

     家里 次郎(いえざと つぐお) (天保10年~文久3…

  2. あ行

    【新撰組隊士】市橋 鎌吉(いちはし けんきち)【隊士名鑑】

    市橋 鎌吉(いちはし けんきち)鎌太、藤原義次とも。  …

  3. あ行

    【土佐勤皇党】大利鼎吉(おおりていきち)【坂本龍馬、田中光顕と交流のあった】

    大利鼎吉(おおりていきち) (天保13年~慶応元年1月8日)…

  4. あ行

    【新撰組隊士】大内鎗之介(おおうちやりのすけ)【隊士名鑑】

    大内鎗之介(おおうちやりのすけ) (生没年未詳) 新撰…

  5. あ行

    【新撰組七番大砲組所属】安藤 雅次郎(あんどうまさじろう)【隊士名鑑】

    安藤 雅次郎(あんどうまさじろう)(生没年未詳)新撰組…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【鳥羽伏見の戦いから帰還】江戸帰還隊士(えどきかんたいし)【新撰組隊士】
  2. あ行

    【新撰組隊士】芦屋 昇(あしやのぼる)【諸士取調役兼監察】
  3. あ行

    【天然理心流の使い手】大谷勇雄(おおたにいさお)【新選組六番隊伍長】
  4. あ行

    【箱館政府総裁となった軍艦奉行】榎本武揚(えのもとたけあき)【五稜郭で切腹?】
  5. あ行

    【土佐勤皇党】大利鼎吉(おおりていきち)【坂本龍馬、田中光顕と交流のあった】
PAGE TOP