あ行

【天然理心流の使い手】大谷勇雄(おおたにいさお)【新選組六番隊伍長】

大谷勇雄(おおたにいさお)
 
(天保4年~慶応4年?)
 
相模出身。
新選組隊士。
 
天然理心流剣術の使い手。
 
 
江戸に住居しかねて、試衛館道場で近藤勇らと交流をしていた。
 
共に浪士募集に応募したわけでは無く、
文久3年3月、
近藤勇らが初上洛した際、
大谷勇雄も別途上洛していたことが、
井上源三郎の兄、井上松五郎の記録に残っている。
 
元治元年10月、
江戸での隊士募集に上洛入隊。
 
同年暮れの編成では、
六番組武田観柳斎隊に配属された。
のちの新編成で、
伍長、さらに勘定方を務める。
 
〈スポンサードリンク〉
 
慶応3年6月の幕臣取り立てで、
見廻組並御雇の格を受ける。
 
翌4年1月、
鳥羽伏見の戦いで負傷したと思われ、
島田魁が名簿に負傷印を残している。
 
江戸帰還後、
新選組金銀出入長に3月1日の箇所に、
「道中 大谷」
として200両の公金を運用したのを最後に、
大谷勇雄の記録は残っていない。
 
横倉甚五郎は
「江戸ニテ死ス」
と記録している。
 
 
墓所は、
東京都北区滝野川4丁目の寿徳寺境外墓地
にある。
 

 

(Visited 1,075 times, 1 visits today)

【土方軍対松前藩の戦い】大滝の戦い(おおたきのたたかい)前のページ

【新選組隊士】大谷良輔(おおたによしすけ)【隊士名鑑】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】

    岡田五郎(おかだごろう) (生没年未詳) 新選組隊士。…

  2. あ行

    【唐津藩主小笠原長泰の四男】小笠原胖之助(おがさわらはんのすけ)【仙台加盟新選組指図役】

    小笠原胖之助(おがさわらはんのすけ) (嘉永5年~明治元年10…

  3. あ行

    【新撰組隊士】家木 将監(いえき しょうげん)【隊士名鑑】

    家木 将監(いえき しょうげん) (生没年未詳) 新撰…

  4. あ行

    【新撰組の給料】池田屋事件の報奨金(いけだやじけんのほうしょうきん)

    池田屋事件の報奨金(いけだやじけんのほうしょうきん) 元治元年…

  5. あ行

    【見廻組隊士】飯田 七九郎(いいだ しちくろう)【隊士名鑑】

    飯田 七九郎(いいだ しちくろう)(文政2年~慶応4年1月5日…

  6. あ行

    【箱館編成新撰組】 青木 文之進(あおき ぶんのしん)【隊士名鑑】

    青木 文之進(あおき ぶんのしん)(?~明治元年11月5日)…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【現在は子孫が運営する資料館に】井上源三郎生家跡(いのうえげんざぶろうせいかあと…
  2. か行

    【輪王寺宮の執当】覚王院義観(かくおいんぎかん)【彰義隊を扇動】
  3. あ行

    【新選組隊士】大月藤三(おおつきとうぞう)【隊士名鑑】
  4. あ行

    【別撰組所属会津藩士】飯沼 友次郎(いいぬま ともじろう)
  5. あ行

    【尊王攘夷派の仙台藩執政】遠藤文七郎(えんどうぶんしちろう)【塩釜神社宮司』
PAGE TOP