あ行

【近藤勇を襲撃した元新撰組隊士】内海次郎(うつみじろう)【新撰組から御陵衛士へ】

内海次郎(うつみじろう)
 
(天保6年~?)
 
二郎、正忠、忠利とも。
 
武蔵川越出身。
新撰組隊士。
 
北辰一刀流剣術の使い手。
 
同郷の中西登と深川佐賀町の伊藤道場師範代を務めていたが、
元治元年10月、江戸での新撰組隊士募集に道場主の、
伊東甲子太郎とともに応じ、上洛入隊する。
 
同年12月の隊の編成では、
八番組 谷三十郎隊に所属、
後に
十番組 原田左之助隊の所属になる。

 
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
慶応2年6月、脱走した隊士、柴田彦三郎を捕えるため但馬に出張。
さらに同年9月の制札事件では組長の原田左之助らと奮戦し、
事件後、最高額の金20両の恩賞を得る。
 
翌3年3月、
伊東甲子太郎らと共に新撰組から分離し、
孝明天皇御陵衛士となり、
実質、新撰組を脱退した形になり、
御陵衛士として勤皇活動を始める。
 
 
同年11月の油小路の変当日は、
阿部十郎と御蔵ヶ沼で狩猟中で難を逃れた。
 
翌12月18日、
阿部十郎らと共に、近藤妾宅に沖田総司を襲撃しに行ったが、
不在で未遂に終わる。
 
引き続き同日、
墨染で近藤勇を襲撃し、
近藤勇に傷を負わせた。
 
 
戊辰戦争時には西軍として戦う。
 
明治2年11月、
京都戒光寺に伊東甲子太郎ら同志の墓碑を建立し、
「内海忠利」
と刻銘後、その後消息を絶った。
 

 
 

(Visited 470 times, 1 visits today)

【新撰組も参加した】宇都宮城の戦い(うつのみやじょうのたたかい)攻防戦【土方歳三負傷】前のページ

【浪士組の取締役を担当した幕臣】鵜殿鳩翁(うどのきゅうおう)【別名 鵜殿長鋭(うどのながとし)】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【芹沢鴨も赴いた虎の見世物】因幡薬師(いなばやくし)(平等寺)【無病息災インコ守り】

    因幡薬師(いなばやくし) (京都府京都市下京区烏丸通松原上ル東…

  2. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】

    岡田五郎(おかだごろう) (生没年未詳) 新選組隊士。…

  3. あ行

    【人斬り大石鍬次郎の実弟】大石造酒蔵(おおいしみきぞう)【一橋家家臣】

    大石造酒蔵(おおいしみきぞう) (?~慶応2年2月5日) …

  4. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】

    『江戸会誌』 栗本鋤雲(くりもとじょうん)、内藤耻叟(ない…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組 鬼の副長】 現存する土方歳三の遺刀 葵御紋康継(あおいごもんやすつぐ)…
  2. あ行

    【新撰組七番組伍長】安藤 勇次郎(あんどう ゆうじろう)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【新選組隊士】大村安宅(おおむらやすたく)【尊王志士】
  4. あ行

    【新撰組隊士】伊藤 与八郎(いとう よはちろう)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【新選組五番隊組長】尾形俊太郎(おがたしゅんたろう)、離隊後の行方は?【副長助勤…
PAGE TOP