あ行

【土方歳三も売った】石田散薬(いしださんやく)【薬の効果は?】

石田散薬
 
石田散薬(いしださんやく)
 
この薬は、土方 歳三生家が代々、
宝永年間から伝える骨つぎ、打ち身の妙薬である。
 
原料は多摩川、浅川などに野生する、牛革草(みそそば)で、
土用の丑の日に採集し、陰干したのち、
黒焼きにし、粉末にしたものである。
服用の際は必ず酒で飲む
 
※写真は牛革草
牛革草
 
〈スポンサードリンク〉
 
これと同じ原料と製法の「虚労散」は、
佐藤 彦五郎家家伝のものだが、
こちらは白湯で服用する。
虚労散は肺病の薬として用いられる。
 
両薬とも新撰組の常備薬として使用された。
 
※画像左上が虚労散
虚労散薬
 
 
石田散薬原料の牛革草は当時、村総出で採集され、まるで戦争のような騒ぎだった。
その大勢の人々を指揮したのが、若き日の土方 歳三で、
その采配は見事だったという。 
 
さらにその薬を売り歩いたのも土方 歳三だったが、
成績はあまり芳しくなかった。
 
販売先は武州・相州20理四方に及び、
甲州にまで売り歩いたといわれる。
 
土方家には、当時の卸先台帳が現在も保存されており、
ほか、薬を渡り歩いた際の薬箱、薬つぼなども現存する。 

 
第2次世界大戦過ぎまで石田散薬は販売されていた。
 
土方歳三資料館では、毎年石田散薬製造体験会を開催している。
詳細はこちら
「歳三生家で作ろう!第5回石田散薬製造体験会」
 
 

(Visited 3,093 times, 1 visits today)

【清川八郎主宰の虎尾の会】石坂 周造(いしざか しゅうぞう)【尊王攘夷派】前のページ

【会津編成新撰組隊士】石田 入道(いしだ にゅうどう)【隊士名鑑】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【強盗殺人を犯した】伊藤 浪乃介(いとう なみのすけ)【新撰組七番組隊士】

    伊藤 浪乃介(いとう なみのすけ) (?~明治2年2月8日)…

  2. あ行

    【新撰組隊士】天海 勝之進(あまみかつのしん)【局長附人数】

    天海 勝之進(あまみかつのしん)(生没年未詳)勝之…

  3. あ行

    【壬生浪士結成二十四士の一人】遠藤丈庵(えんどうじょうあん)

    遠藤丈庵(えんどうじょうあん) (天保7年~?) 壬生…

  4. あ行

    【芹沢鴨も赴いた虎の見世物】因幡薬師(いなばやくし)(平等寺)【無病息災インコ守り】

    因幡薬師(いなばやくし) (京都府京都市下京区烏丸通松原上ル東…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【皇族 久邇宮(くにのみや)】朝彦親王(あさひこしんのう)※画像あり【新撰組の理…
  2. 小川亭跡地の石碑

    あ行

    【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】
  3. あ行

    【市村鉄之助の兄 新撰組隊士】市村 辰之助(いちむら たつのすけ)【ピースメーカ…
  4. あ行

    【会津編成新撰組隊士】石田 入道(いしだ にゅうどう)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【新撰組隊士】池田 庄司(いけだ しょうじ)【隊士名鑑】
PAGE TOP