あ行

【清川八郎主宰の虎尾の会】石坂 周造(いしざか しゅうぞう)【尊王攘夷派】

石坂周造
 
石坂 周造(いしざか しゅうぞう)
 
(天保3年~明治36年5月22日)

信濃国水内郡桑名川村、現在の長野県飯山市生まれ。 
宗順、名は信則。
号は霞山・石油斎。
 
17歳の時に江戸へ出て、
町医立川 宗達の内弟子になった。
 
のちに立川の師の、
両国山伏町の幕府の針医石坂 宗哲の養子になって宗順と称した。
 
事情があり、千葉県神崎(香取郡神崎町)で医者をやった。 
 
〈スポンサードリンク〉
 
佐原(佐原市)で剣術の道場を開いていた村上 俊五郎と知り合い、
江戸に行って清川 八郎の主宰する虎尾の会に加わった。
 
虎尾の会は尊王攘夷を目的にしていたので、
幕吏に睨まれていたが、
清川が岡っ引きを斬ったことで、
石坂も捕らえられ伝馬町の牢に入ったが、
文久2年の暮れ、清川の赦免により、
出牢して浪士組の道中目付として上洛した。
 
清川が暗殺されると、いち早く現場に駆けつけ、
親の仇であると偽って、見張り人を追い払い、
清川が持っていた持っていた同志の連名帳と、
清川の首をもって山岡 鉄舟の家へ届けた。 
 
明治に入って静岡県榛原郡相良町で、
石油事業に手を出す
 
妻の桂子は山岡 鉄舟の妻、英子(ふさこ)の妹であった。
 
清川 八郎との関係や浪士組結成などの証言を
『史談会』
で、三度行っている。

享年73歳。
 
墓は東京都台東区谷中5丁目の全生庵。
 
石坂周造墓
 

 

(Visited 1,673 times, 1 visits today)

【密通により切腹】石川 三郎(いしかわ さぶろう)【新撰組隊士】前のページ

【土方歳三も売った】石田散薬(いしださんやく)【薬の効果は?】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【土方歳三最期の地と言われる】異国橋跡(いこくばしあと)【箱館戦争観光】

     異国橋跡(いこくばしあと) (北海道函館市豊川町7番…

  2. あ行

    【芹沢鴨も赴いた虎の見世物】因幡薬師(いなばやくし)(平等寺)【無病息災インコ守り】

    因幡薬師(いなばやくし) (京都府京都市下京区烏丸通松原上ル東…

  3. あ行

    【新選組隊士】岡島品三郎(おかじましなさぶろう)【同志連名記に記載】

    岡島品三郎(おかじましなさぶろう) (生没年未詳) 新…

  4. 小川亭跡地の石碑

    あ行

    【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】

    小川亭跡(おがわていあと)  京都府京都市東山区新五軒町。…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【通称はじめ又七郎】大野右仲(おおのうちゅう)【箱館編成新選組頭取』
  2. 小川亭跡地の石碑

    あ行

    【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】
  3. あ行

    【直心影流剣術の使い手】石井 勇次郎(いしい ゆうじろう)【新撰組隊士】
  4. あ行

    【新撰組隊士】芦屋 昇(あしやのぼる)【諸士取調役兼監察】
  5. あ行

    【斎藤一の命を救った隊士】梅戸勝之進(うめどかつのしん)【新撰組隊士】
PAGE TOP