あ行

【戊辰戦争時、新撰組も乗せた】榎本艦隊(えのもとかんたい)【五稜郭入城】

榎本艦隊(えのもとかんたい)
 
明治元年8月19日、
開陽艦以下8隻が品川沖から北に向け、出帆した。
 
途中、暴風の為、
銚子沖で艦隊は離散。
 
松島湾に集結した際には、
美嘉保・咸臨を失う。
 
新たに仙台に預けていた
大江と鳳凰を加えて、
陸軍部隊を乗せ仙台湾を出帆する。
 
新撰組は、
伝習士官隊、
工兵隊などと共に乗船した。
 
 
〈スポンサードリンク〉
 
 

 
 
気仙沼で千秋を捕獲し、
宮古湾で薪炭、水を補給。

 
10月18日、
その足で蝦夷地に向かう。
 
再編の艦隊は、
開陽を旗艦とし、
回天、蟠竜の軍艦
輸送船の長鯨、神速、大江、鳳凰、千秋改め回春
の8隻が鷲ノ木沖に船影を見せたのは、
10月19日から23日のことであった。
 
この時、千代田形は酒田へ派遣されていて、
11月に合流した。
 
(写真は千代田形)
 

 
 
〈スポンサードリンク〉
 
五稜郭を制した直後、
秋田藩籍、高雄を捕獲し、戦力としたが、
江差沖で開陽、神速を失い、
宮古湾奇襲では、
高雄が自焼
大江、鳳凰、回春は外国商人に売却された。
 
 
特筆できる活躍は、
箱館湾海戦で、
朝陽を撃沈した蟠竜の活躍くらいで、
榎本艦隊は北の海で壊滅した。

 
 

(Visited 646 times, 3 visits today)

【鳥羽伏見の戦いから帰還】江戸帰還隊士(えどきかんたいし)【新撰組隊士】前のページ

【箱館政府総裁となった軍艦奉行】榎本武揚(えのもとたけあき)【五稜郭で切腹?】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【壬生浪士結成二十四士の一人】遠藤丈庵(えんどうじょうあん)

    遠藤丈庵(えんどうじょうあん) (天保7年~?) 壬生…

  2. あ行

    【新撰組剣術師範】池田 小三郎(いけだ こさぶろう)【伍長】

    池田 小三郎(いけだ こさぶろう) (天保13年~慶応4年1月…

  3. あ行

    【新撰組隊士】大橋半三郎(おおはしはんざぶろう)【隊士名鑑】

    大橋半三郎(おおはしはんざぶろう) (生没年未詳) 美…

  4. あ行

    【土方歳三最期の地と言われる】異国橋跡(いこくばしあと)【箱館戦争観光】

     異国橋跡(いこくばしあと) (北海道函館市豊川町7番…

  5. あ行

    【土方歳三の丁稚奉公先】伊藤松坂屋(いとうまつざかや)【現 上野松坂屋】

      伊藤松坂屋(いとうまつざかや) (東京都台東区…

  6. あ行

    【会津藩の出城 】猪苗代城跡(いなわしろじょうあと) 別名亀ヶ城【母成峠の戦い】

      猪苗代城跡(いなわしろじょうあと) 別名亀ヶ城 …

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【見廻組隊士】飯田 七九郎(いいだ しちくろう)【隊士名鑑】
  2. あ行

    【尾関雅次郎の兄】尾関 弥四郎(おぜき やしろう)【新選組隊士】
  3. あ行

    【山南敬助最愛の女】明里(あけさと)【島原遊女】
  4. あ行

    【池田屋事件参戦】奥沢 栄助(おくざわえいすけ)【新選組隊士伍長】
  5. あ行

    【壬生浪士組結成二十四士の一人】家里 次郎(いえざと つぐお)【隊士名鑑】
PAGE TOP