ま行

【箱館編成新撰組会計方所属 】本武 権平(もとたけ ごんべい)【隊士名鑑】

本武 権平(もとたけ ごんべい)

 
 
(文政9年~?)
 
権兵衛とも。
維新後、乾 光洋と改名。
江戸の生まれ。
 
元備中松山藩士(江戸定府)
箱館編成新撰組会計方所属。
 
 

 
身分は御供頭御次出入で、
禄高50石。
 
戊辰戦争のさなか、
会津藩の配色が濃くなるに及び藩侯板倉勝全と共に、
米沢を通過し仙台へ逃れる。
 
明治元年9月中旬、
同地において新撰組に加入
ただ他の松山藩士たちよりも、
所用のため少々遅れての加入であったようである。
 
入隊後、蝦夷地へ渡り、
会計方として俗務をこなす。
 
板倉勝静香の身辺の世話にも関係したようで、
開陽艦が江差沖に沈没した時などは、
同艦に預けておいた松山藩の勝静や家臣の刀剣類が入った
大小各一箱の引き上げなどを依頼される。
 
 
同2年5月15日、弁天台場で降伏。
 
津軽藩御預け後、東京送りとなって、
11月19日に芝山内最勝院で旧藩に引き渡される。 
 
29日に国元へ護送されるが、謹慎生活がなおも続いた。 
翌3年1月ようやく許されて自由の身となる。
 

 
〈スポンサードリンク〉
 

(Visited 95 times, 1 visits today)

【会津藩の出城 】猪苗代城跡(いなわしろじょうあと) 別名亀ヶ城【母成峠の戦い】前のページ

【新撰組六番隊組長 副長助勤】井上 源三郎(いのうえげんざぶろう)【子孫が資料館を運営】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組 斎藤一の別称】一戸 伝八(いちのへ でんぱち)【三番組隊長】

    一戸 伝八(いちのへ でんぱち)  ※斎藤一を参照新撰…

  2. あ行

    【新選組隊士】小川信太郎(おがわしんたろう)【小川佐太郎】

    小川信太郎(おがわしんたろう) (弘化2年~慶応2年2月18日…

  3. あ行

    【新選組隊士】大谷良輔(おおたによしすけ)【隊士名鑑】

    大谷良輔(おおたによしすけ) (?~元治2年3月4日) …

  4. あ行

    【新撰組隊士】大橋半三郎(おおはしはんざぶろう)【隊士名鑑】

    大橋半三郎(おおはしはんざぶろう) (生没年未詳) 美…

  5. あ行

    【最後まで土方歳三と戦った】蟻通 勘吾(ありどおしかんご)【新撰組隊士】

    新撰組 蟻通 勘吾(ありどおしかんご)(天保10年~明治2年5…

  6. あ行

    【永倉新八暗殺計画!?】荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)【新撰組隊士】

    荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)(?~文久3年9月26日…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組隊士】市橋 鎌吉(いちはし けんきち)【隊士名鑑】
  2. あ行

    【現在は子孫が運営する資料館に】井上源三郎生家跡(いのうえげんざぶろうせいかあと…
  3. あ行

    【新選組隊士】大村安宅(おおむらやすたく)【尊王志士】
  4. あ行

    【箱館脱走軍役員外客員】新井 常保(あらいつねやす)
  5. あ行

    【新撰組隊士】天海 勝之進(あまみかつのしん)【局長附人数】
PAGE TOP