あ行

【伝習隊歩兵隊長】大川正次郎(おおかわしょうじろう)【隊士名鑑】


 
大川正次郎(おおかわしょうじろう)
 
(?~明治12年4月)
 
のち、矩文と改名。
 
幕府陸軍伝習隊士官として明治元年1月の鳥羽伏見の戦いに
参戦したが、利なく江戸に帰還する。
 
同年4月、
大鳥圭介に共鳴し、江戸を脱走。
伝習第二大隊差図役頭取として、
野洲、会津を転戦し、仙台から榎本艦隊に合流し、
蝦夷地に渡る。
 
箱館では、推されて、
伝習歩兵隊長、歩兵頭並となり、
第二レジマン(連帯)第一大隊長として、
明治2年4月、
二股の激戦に土方歳三の指揮下で
「右手に剣、左手に冷酒を携え」
部下を叱咤激励し善戦したことは、
大川正次郎の豪胆さを物語る逸話として残っている。
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
5月18日、
五稜郭は開城となり、
青森を経て弘前の景勝院にて謹慎。
 
同年10月、
再度、箱館の弁天台場に移され、
明治3年3月に赦免。
 
赦免後、静岡に帰り、陸軍に入隊。
 
歩兵大尉に進み、
明治10年に名古屋鎮台歩兵第七連隊の中隊長から、
別動第一旅団第一連隊に中隊長として、
西南戦争に出征する。
 
 
その後、
明治12年に石川県金沢市で病没したと伝えられる。
 
 

(Visited 1,330 times, 1 visits today)

【新撰組隊士】大内鎗之介(おおうちやりのすけ)【隊士名鑑】前のページ

【王政復古を推進した公家】正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる)【嵯峨実愛】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【永倉新八暗殺計画!?】荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)【新撰組隊士】

    荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)(?~文久3年9月26日…

  2. あ行

    【新撰組隊士稲芳 雄三郎(いなよし ゆうざぶろう)【隊士名鑑】

    稲芳 雄三郎(いなよし ゆうざぶろう) (弘化2年~?) …

  3. あ行

    【四番隊所属新選組隊士】小川一作(おがわいっさく)【天然理心流剣術】

    小川一作(おがわいっさく) (天保14年~?) 尾張出…

  4. あ行

    【土方歳三も後送された】今市本陣跡(いまいちほんじんあと)【栃木観光】

      今市本陣跡(いまいちほんじんあと) (栃木県今…

  5. あ行

    【見廻組隊士】飯田 七九郎(いいだ しちくろう)【隊士名鑑】

    飯田 七九郎(いいだ しちくろう)(文政2年~慶応4年1月5日…

  6. あ行

    【新撰組の給料】池田屋事件の報奨金(いけだやじけんのほうしょうきん)

    池田屋事件の報奨金(いけだやじけんのほうしょうきん) 元治元年…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【人斬り大石鍬次郎の実弟】大石造酒蔵(おおいしみきぞう)【一橋家家臣】
  2. あ行

    【新撰組諸士取調役兼監察】今井 裕次郎(いまい ゆうじろう)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【池田屋事件後獄中で斬られた】内山太郎右衛門(うちやまたろうえもん)【奇兵隊】
  4. あ行

    【回天隊隊士】浅倉隼之助(あさくらはやのすけ)【土方歳三と共闘】
  5. あ行

    【箱館政府総裁となった軍艦奉行】榎本武揚(えのもとたけあき)【五稜郭で切腹?】
PAGE TOP