あ行

【伝習隊歩兵隊長】大川正次郎(おおかわしょうじろう)【隊士名鑑】


 
大川正次郎(おおかわしょうじろう)
 
(?~明治12年4月)
 
のち、矩文と改名。
 
幕府陸軍伝習隊士官として明治元年1月の鳥羽伏見の戦いに
参戦したが、利なく江戸に帰還する。
 
同年4月、
大鳥圭介に共鳴し、江戸を脱走。
伝習第二大隊差図役頭取として、
野洲、会津を転戦し、仙台から榎本艦隊に合流し、
蝦夷地に渡る。
 
箱館では、推されて、
伝習歩兵隊長、歩兵頭並となり、
第二レジマン(連帯)第一大隊長として、
明治2年4月、
二股の激戦に土方歳三の指揮下で
「右手に剣、左手に冷酒を携え」
部下を叱咤激励し善戦したことは、
大川正次郎の豪胆さを物語る逸話として残っている。
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
5月18日、
五稜郭は開城となり、
青森を経て弘前の景勝院にて謹慎。
 
同年10月、
再度、箱館の弁天台場に移され、
明治3年3月に赦免。
 
赦免後、静岡に帰り、陸軍に入隊。
 
歩兵大尉に進み、
明治10年に名古屋鎮台歩兵第七連隊の中隊長から、
別動第一旅団第一連隊に中隊長として、
西南戦争に出征する。
 
 
その後、
明治12年に石川県金沢市で病没したと伝えられる。
 
 

(Visited 642 times, 1 visits today)

関連記事

  1. あ行

    【新撰組隊士 教授心得並】逸見 勝三郎(いつみ かつさぶろう)【隊士名鑑】

    逸見 勝三郎(いつみ かつさぶろう) (文政13年~慶応4年1…

  2. あ行

    【清川八郎主宰の虎尾の会】石坂 周造(いしざか しゅうぞう)【尊王攘夷派】

     石坂 周造(いしざか しゅうぞう) (天保3年~明治…

  3. あ行

    【壬生浪士組結成二十四士の一人】家里 次郎(いえざと つぐお)【隊士名鑑】

     家里 次郎(いえざと つぐお) (天保10年~文久3…

  4. あ行

    【新選組隊士】岡島品三郎(おかじましなさぶろう)【同志連名記に記載】

    岡島品三郎(おかじましなさぶろう) (生没年未詳) 新…

  5. あ行

    【新選組隊士】大月藤三(おおつきとうぞう)【隊士名鑑】

    大月藤三(おおつきとうぞう) (生没年未詳) 新選組隊…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【浪士組の取締役を担当した幕臣】鵜殿鳩翁(うどのきゅうおう)【別名 鵜殿長鋭(う…
  2. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】
  3. あ行

    【新撰組土方歳三の愛刀】和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)【刀剣乱舞でも人気】
  4. あ行

    【箱館編成新撰組隊士】明石 覚四郎(あかしかくしろう)【元肥前唐津藩士】
  5. あ行

    【昭和まで生き残った新撰組最後の隊士】池田 七三郎(いけだ しちさぶろう)(稗田…
PAGE TOP