あ行

【土方歳三の最期に立ち会った】大島寅雄(おおしまとらお)【歩兵頭並伝習第一大隊分隊長】

大島寅雄(おおしまとらお)
 
(天保13年5月15日~大正5年11月7日)
 
幕臣。
元小人目付。
 
慶応4年4月11日m
江戸を脱走し、伝習第一大隊書記として従軍。
6月、書記を辞し、土方歳三に附属する。
 
7月24日、
脱走軍総督竹中重固の命により、
歩兵頭並伝習第一大隊分隊長となる。
 
8月21日、母成峠の戦いで、外股に銃傷を負い敗走中、
臀部を撃たれ木地小屋で死を覚悟したが、
山口二郎(斎藤一)、中島登によって救出される。
 
若松城下で治療を受け、
安富才輔らと米沢城下を通って仙台へ。
 
〈スポンサードリンク〉
 
10月、
土方歳三らと大江丸に乗り蝦夷へ渡る。
 
松前攻略に軍監として加わり、蝦夷平定後、
陸軍奉行添役となる。
 
翌年3月、宮古湾海戦に参加して負傷。
4月、土方歳三に従って二股口に出陣し、
衝鋒隊を督戦した。
 
 
5月11日、
一本木において土方歳三の最期に立ち会い、
馬に鞭打って五稜郭に報じたと伝えられる。
 
16日、
五稜郭の軍使として大野藩陣所に赴き、
攻撃の猶予を願うとともに、
翌朝、
総裁 榎本武揚が出頭することを伝達し、
翌17日、榎本武揚ら幹部と亀田の会見場に臨んだ。
 
五稜郭開城後は、
青森の蓮心寺、
油川の明誓寺、
弘前の法立寺、
箱館弁天台場などに謹慎。
明治3年4月、
謹慎を解かれ、静岡藩へ引き渡された。
 
 
〈スポンサードリンク〉  
 
その後の行方は不明とされていたが、
これより数年後、駿州浜松で命の恩人である
中島登と再会
名は大島清慎と名乗っているが、
大島寅雄で間違いないとされる。
 
墓所は、
静岡県浜松市鴨江3丁目の鴨江寺にある。
 
 

 

(Visited 370 times, 1 visits today)

関連記事

  1. あ行

    【土佐勤皇党】大利鼎吉(おおりていきち)【坂本龍馬、田中光顕と交流のあった】

    大利鼎吉(おおりていきち) (天保13年~慶応元年1月8日)…

  2. あ行

    【最後まで土方歳三と戦った】蟻通 勘吾(ありどおしかんご)【新撰組隊士】

    新撰組 蟻通 勘吾(ありどおしかんご)(天保10年~明治2年5…

  3. あ行

    【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

    伊東甲子太郎らの分離 本格的な勤皇活動に邁進するため、新撰…

  4. あ行

    【大坂東町奉行】有馬出雲守 則篤(ありまいずものかみのりあつ)

    町奉行 有馬出雲守 則篤(ありまいずものかみのりあつ)(文政9…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【箱館編成新撰組第四分隊所属】市橋 秀松(いちはし ひでまつ)【隊士名鑑】
  2. あ行

    【神道無念流】撃剣館・岡田十松道場跡(おかだじゅうまつどうじょうあと)【永倉新八…
  3. あ行

    【通称はじめ又七郎】大野右仲(おおのうちゅう)【箱館編成新選組頭取』
  4. あ行

    【回天艦乗組員】安藤 太郎(あんどうたろう)【ハワイ総領事】
  5. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】
PAGE TOP