あ行

【新選組五番隊組長】尾形俊太郎(おがたしゅんたろう)、離隊後の行方は?【副長助勤】

尾形俊太郎(おがたしゅんたろう)
 
(生没年未詳)
 
肥後熊本出身。
 
新選組隊士。
 
 
〈スポンサードリンク〉


 
 
文久3年6月ごろ入隊。
 
諸士取調役兼観察、文学師範、副長助勤、目付を歴任。
 
池田屋事件時は、屯所に残っており、
不参加。
 
元治元年9月には江戸に下り、
隊士の募集を行なう。
 
同年12月の編成時に五番隊組長を務める。
 
 
慶応元年11月の長州下りでは、
徒士(かち)として近藤勇に同行。
 
同3年6月の幕臣取り立てで見廻組格を受ける。
 
鳥羽伏見の戦いを経て江戸に帰還後、
甲州勝沼から会津まで転戦するが、
会津戦争中に離隊。
 
その後の行方は分かっておらず、
会津三代の正福寺、
松本喜次郎とともに
「尾形」
という隊士の墓もあったという伝承も伝わっている。
 
 
〈スポンサードリンク〉


 
 

離隊後は?

2013年、
霊山歴史館に尾形の子孫から俊太郎の手による漢詩書が寄贈され、
この書と共に発見された文書の解析によって、
尾形の生没年や来歴、その後が明らかとなった。

それによると、
尾形は会津でしばらく過ごしてから
故郷の熊本に戻り私塾を開き、
大正2年(1913年)に75歳で他界した。

会津で負ったと思われる目の怪我が元で、
晩年には視力をほとんど失っていたという。

新撰組隊士であったことを周囲に話すことはなく、
ただ文書の片隅に
「元壬生浪士」
とだけ記されていたという。
 

(Visited 2,271 times, 1 visits today)

【神道無念流】撃剣館・岡田十松道場跡(おかだじゅうまつどうじょうあと)【永倉新八】前のページ

【箱館編成新選組】岡田米太郎(おかだよねたろう)【会計方所属隊士】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【唐津藩主小笠原長泰の四男】小笠原胖之助(おがさわらはんのすけ)【仙台加盟新選組指図役】

    小笠原胖之助(おがさわらはんのすけ) (嘉永5年~明治元年10…

  2. あ行

    【新撰組七番大砲組所属】 伊藤 鉄五郎(いとう てつごろう)【伍長】

      伊藤 鉄五郎(いとう てつごろう)  (天…

  3. あ行

    【人斬り鍬次郎と呼ばれた新撰組隊士】大石鍬次郎(おおいしくわじろう)【一番組隊士の最後は】

    大石鍬次郎(おおいしくわじろう) (天保9年~明治3年10月1…

  4. あ行

    【新選組局長近藤勇の愛妾】お孝(おこう)/御幸太夫(ごこうだゆう)【深雪太夫の妹】

    お孝(おこう)/御幸太夫(ごこうだゆう) (生没年未詳) …

  5. あ行

    【箱館編成新選組】岡田米太郎(おかだよねたろう)【会計方所属隊士】

    岡田 米太郎 (生没年未詳) 備中帯江出身。 …

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【鳥羽伏見の戦いから帰還】江戸帰還隊士(えどきかんたいし)【新撰組隊士】
  2. あ行

    【浪士組の取締役を担当した幕臣】鵜殿鳩翁(うどのきゅうおう)【別名 鵜殿長鋭(う…
  3. あ行

    【新撰組隊士】大内鎗之介(おおうちやりのすけ)【隊士名鑑】
  4. あ行

    【市村鉄之助の兄 新撰組隊士】市村 辰之助(いちむら たつのすけ)【ピースメーカ…
  5. あ行

    【別撰組所属会津藩士】飯沼 友次郎(いいぬま ともじろう)
PAGE TOP