あ行

【箱館編成新撰組第四分隊所属】市橋 秀松(いちはし ひでまつ)【隊士名鑑】

市橋 秀松(いちはし ひでまつ)
 
 
(嘉永2年~?)
 
戊辰戦争当時の変名、高橋 恭輔。
元肥前唐津藩士。

 
箱館編成新撰組第四分隊所属隊士。

 
最近の研究では、第三分隊とするものも見られるが、
第四分隊所属が正しいとされる。
 

 
本国は奥州二本松で、唐津大名小路にて生まれる。

慶応4年3月3日、
藩旧世子長行が江戸の江戸の藩邸を抜け出したときに、
供をする。
 
会津、白石と長行の側近に仕え、
奥羽列藩同盟が瓦解を始めたことに伴い、
仙台に逃れる。
 
 
9月中旬同地において、新撰組に加入し、
10月に蝦夷地へ渡航した。
 
明治2年4月、
長行の蝦夷地脱出にあたり尽力した。

同月12日に、
尾崎 和一郎の手紙を預かり、
大野村の長行に届け、
16日にも尾札部に移動した長行のもとへ赴き、
箱館との連絡役を果たした。
 
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
18日には東風泊の宿で、
尾崎(和一郎)、米渓(彦作)とともに、
詰めの調整をはかる。
5月15日、弁天台場で降伏謹慎
津軽藩御預け後、
東京送りとなって、旧藩に引き渡される。
 
翌3年1月に許されて、自由の身となった。
 
その後の消息は不明。
 
 

(Visited 165 times, 1 visits today)

【新撰組隊士】市橋 鎌吉(いちはし けんきち)【隊士名鑑】前のページ

【市村鉄之助の兄 新撰組隊士】市村 辰之助(いちむら たつのすけ)【ピースメーカー鐵にも登場】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【壬生浪士結成二十四士の一人】遠藤丈庵(えんどうじょうあん)

    遠藤丈庵(えんどうじょうあん) (天保7年~?) 壬生…

  2. あ行

    【芹沢鴨も赴いた虎の見世物】因幡薬師(いなばやくし)(平等寺)【無病息災インコ守り】

    因幡薬師(いなばやくし) (京都府京都市下京区烏丸通松原上ル東…

  3. あ行

    【肺結核?】沖田 総司(おきたそうじ)の発病はいつごろ?【新選組一番隊組長】

    沖田総司の発病はじめは結核ではなかった?池田屋事件騒動の最…

  4. あ行

    【箱館脱走軍役員外客員】松山藩士 伊藤 安右衛門(いとうやすえもん)【榎本艦隊開陽艦】

    伊藤 安右衛門(いとうやすえもん) 諱(いみな)は伊藤 惟精(…

  5. あ行

    【土方歳三と共闘した】大鳥圭介(おおとりけいすけ)【伝習隊大隊長】

    大鳥圭介(おおとりけいすけ)(写真中央が大鳥圭介) (天保…

  6. か行

    【御陵衛士結成の手助けをした】戒光寺(かいこうじ)【京都 新選組との関係】

    戒光寺(かいこうじ) 【戒光寺HPホームページ】(京都…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組隊士】 相場 薫三郎(あいば くんざぶろう)
  2. あ行

    【昭和まで生き残った新撰組最後の隊士】池田 七三郎(いけだ しちさぶろう)(稗田…
  3. あ行

    【山南敬助の活躍】不逞浪士による呉服屋「岩城升屋」襲撃事件(いわきますやしゅうげ…
  4. あ行

    【斎藤一の墓所】阿弥陀寺(あみだじ)※画像あり【 会津戊辰戦争観光】
  5. あ行

    【元伊勢桑名藩卒】岡村亀太郎(おかむらかめたろう)【新選組隊士】
PAGE TOP