あ行

【壬生浪士組結成二十四士の一人】阿比留 鋭三郎(あびるえいざぶろう)【北辰一刀流】

阿比留 鋭三郎(あびるえいざぶろう)

(天保13年~文久3年4月6日)

壬生浪士組結成二十四士の一人。
元対馬藩士。

江戸に住み、北辰一刀流玄武館にて、
剣術を学ぶ。

文久3年2月、
幕府徴募の浪士組に加わり、
三番組小頭、常見 一郎の組子として上洛。

浪士組が江戸へ帰ることが決まった後、
3月10日、近藤 勇らと京都残留を願い出て、
12日、会津藩御預かり壬生浪士組の一員となったが、
15日の守護職邸訪問は病気のため欠席する。
23日の建白にも参加できなかった。

両親が江戸に居るため、
周りも阿比留を江戸へ帰す心積もりがあったが、
病が重く、その年の4月6日に
22歳の若さで壬生で客死した。

〈スポンサードリンク〉

墓所は
京都市中京区壬生梛ノ宮町の壬生寺境内と
東京都北区滝野川7丁目の寿徳寺境外墓地にあり、
前者には
「阿比原栄三良」
後者には
「安比留栄三郎」
と刻まれている。

(Visited 12,348 times, 12 visits today)

【新撰組隊士から】足立 林太郎(あだちりんたろう)【札幌区議会議員へ】前のページ

【伊東甲子太郎暗殺】油小路の変(あぶらのこうじのへん)(七条油小路)※画像あり【藤堂平助討死】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【水口藩家老岡田 直二郎暗殺】安藤 鉄馬(あんどうてつま)【尊王志士】

    安藤 鉄馬(あんどうてつま)(天保14年9月9日~元治元年7月…

  2. あ行

    【箱館脱走軍役員外客員】新井 常保(あらいつねやす)

    新井 常保(あらいつねやす)米渓 彦作を参照→米渓…

  3. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】

    『江戸会誌』 栗本鋤雲(くりもとじょうん)、内藤耻叟(ない…

  4. あ行

    【新撰組隊士稲芳 雄三郎(いなよし ゆうざぶろう)【隊士名鑑】

    稲芳 雄三郎(いなよし ゆうざぶろう) (弘化2年~?) …

  5. あ行

    【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

    伊東甲子太郎らの分離 本格的な勤皇活動に邁進するため、新撰…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【永倉新八暗殺計画!?】荒木田 左馬之介(あらきださまのすけ)【新撰組隊士】
  2. あ行

    【箱館編成新選組】岡田米太郎(おかだよねたろう)【会計方所属隊士】
  3. か行

    【輪王寺宮の執当】覚王院義観(かくおいんぎかん)【彰義隊を扇動】
  4. あ行

    【山崎烝の誤記か?新撰組隊士】入崎 烝(いりざき すすむ)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【池田屋事件の被害者?】近江屋マサ(おうみやまさ)【近江屋女将】
PAGE TOP