あ行

【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

伊東甲子太郎らの分離

 
本格的な勤皇活動に邁進するため
新撰組からの脱隊を企む伊東甲子太郎は、
今後も京に留まる必要から、
分離という形での脱隊を計画する。
 
 
その為に、慶応3年1月、
伊東は新井 忠雄を従えて九州大宰府に出張し、
勤皇派五卿や護衛の志士らと会見。
分離に対する理解と協力を要請した。 
 

 
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
前年の12月に崩御した孝明天皇の御陵衛士となるという
分離のための策は、この九州行きによって成った物と考えられる。
 
 

御陵衛士の拝命

3月12日に帰京した伊藤らは、
翌13日に壬生で近藤勇・土方歳三と会談し、
すでに自分たちが御陵衛士を拝命したことを告げる。
 
先帝の墓守を務めながら外部から新撰組を応援するという、
伊東らの主張を近藤・土方は認めざるを得なかったのだろう。
 
この日、伊東らの分離は承認され、
二十日になって伊東一派13人は隊を去った。
 
高台寺党の誕生である。

 

(Visited 246 times, 1 visits today)

関連記事

  1. あ行

    【箱館編成新撰組第三分隊所属隊士】岩崎 勝二郎(いわさき かつじろう)【隊士名鑑】

    岩崎 勝二郎(いわさき かつじろう) (嘉永2年~?)  …

  2. あ行

    【島田魁の遺品】『英名録』(えいめいろく)【新撰組隊士名簿】

    『英名録』(えいめいろく) 島田魁の遺品として伝わる、慶応…

  3. あ行

    【尊王志士】赤星 彦太郎(あかぼしひこたろう)別名 中津 彦太郎

    赤星 彦太郎(あかぼしひこたろう)中津彦太郎参照→中津…

  4. あ行

    【斎藤一の命を救った隊士】梅戸勝之進(うめどかつのしん)【新撰組隊士】

    梅戸勝之進(うめどかつのしん) (生没年未詳) 新撰組…

  5. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】

    『江戸会誌』 栗本鋤雲(くりもとじょうん)、内藤耻叟(ない…

スポンサードリンク

最近の記事

記事カテゴリー

  1. あ行

    【公武合体に尽力した維新十傑の一人】岩倉具視(いわくらともみ)【明治新政府の中枢…
  2. あ行

    【新選組隊士】岡田克己(おかだかつみ)【隊士名鑑】
  3. あ行

    【新撰組隊士】石川 伊太郎(いしかわ いたろう)【隊士名鑑】
  4. あ行

    【清川八郎の虎尾の会】池田 徳太郎(いけだ とくたろう)(池田 種徳)【浪士組】…
  5. あ行

    【新撰組隊士 上田清蔵が捕縛された】大坂東町奉行所跡(おおさかひがしまちぶぎょう…
PAGE TOP