あ行

【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

伊東甲子太郎らの分離

 
本格的な勤皇活動に邁進するため
新撰組からの脱隊を企む伊東甲子太郎は、
今後も京に留まる必要から、
分離という形での脱隊を計画する。
 
 
その為に、慶応3年1月、
伊東は新井 忠雄を従えて九州大宰府に出張し、
勤皇派五卿や護衛の志士らと会見。
分離に対する理解と協力を要請した。 
 

 
 
〈スポンサードリンク〉
 
 
前年の12月に崩御した孝明天皇の御陵衛士となるという
分離のための策は、この九州行きによって成った物と考えられる。
 
 

御陵衛士の拝命

3月12日に帰京した伊藤らは、
翌13日に壬生で近藤勇・土方歳三と会談し、
すでに自分たちが御陵衛士を拝命したことを告げる。
 
先帝の墓守を務めながら外部から新撰組を応援するという、
伊東らの主張を近藤・土方は認めざるを得なかったのだろう。
 
この日、伊東らの分離は承認され、
二十日になって伊東一派13人は隊を去った。
 
高台寺党の誕生である。

 

(Visited 353 times, 1 visits today)

【北辰一刀流道場】伊東甲子太郎道場跡(いとうかしたろうどうじょうあと)前のページ

【新撰組隊士】伊藤 主計(いとう かずえ)【隊士名鑑】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組剣術師範】池田 小三郎(いけだ こさぶろう)【伍長】

    池田 小三郎(いけだ こさぶろう) (天保13年~慶応4年1月…

  2. あ行

    【幕府の蘭方医学校】医学所跡(いがくしょあと)【和泉橋観光】

    医学所跡(いがくしょあと) (東京都台東区1丁目) 幕…

  3. あ行

    【池田屋事件で犠牲となった甲冑職人】大高忠兵衛(おおたかちゅうべえ)【尊王志士】

    大高忠兵衛(おおたかちゅうべえ) (文政6年3月1日~元治元年…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組に捉えられた見廻組隊士】大沢源次郎(おおさわげんじろう)
  2. あ行

    【密通により切腹】石川 三郎(いしかわ さぶろう)【新撰組隊士】
  3. あ行

    【直心影流剣術の使い手】石井 勇次郎(いしい ゆうじろう)【新撰組隊士】
  4. あ行

    【新撰組諸士取調役兼監察】今井 裕次郎(いまい ゆうじろう)【隊士名鑑】
  5. あ行

    【八王子千人同心】二代目 井上 松五郎(いのうえ まつごろう)【天然理心流の使い…
PAGE TOP