小川亭跡地の石碑

あ行

【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】

小川亭跡(おがわていあと)
 
 
京都府京都市東山区新五軒町。
 
三条駅2番出口を出た先に、小川亭跡の石柱が建っている。
 
 

小川亭跡地の石碑

小川亭跡地の石碑


 
 

 
 
〈スポンサードリンク〉


 
 
小川亭、昔は「魚卯」と称し、
亭主は代々、
「近江屋卯兵衛」
を名乗り、
諸藩の肴用達を務め、
特に肥後藩邸のお出入り商人であった。
 
初代、卯兵衛の妻はリセといい、
長男は二代目を継ぎ、
次男は「美濃吉」を継いだ。
 
二代目卯兵衛の妻はテイといい、
天保5年生まれ。
 
テイが29歳の時に、
2代目卯兵衛が亡くなり、
未亡人となった。
 
 
〈スポンサードリンク〉

肴家「魚卯」から旅館「小川亭」へ

リセ、テイの嫁姑の二人の後家は、
女名義の肴家が許されぬため、
旅館「小川亭」
を営んで、出入りする各藩の志士たちの世話をした。
 
小川亭の離れは、鴨川に面していたので、
いざというときは逃げやすく、
勤皇倒幕の謀議の場所としてよく利用された。
 
宮部鼎蔵の従僕忠蔵が、
新選組に捕らえられ、
南禅寺山門に曝されていると聞いたテイは、
宮部にこの事を知らせた。
 
知らせを聞いた宮部は、潜伏していた「桝喜」から、
小川亭に移り、事なきを得た。
 

宮部鼎蔵肖像画

宮部鼎蔵肖像画

 
倒幕後も、池田屋事件の犠牲者の回向を続けたテイは、
小川亭廃業(大正12年4月)の3か月後の、
7月に亡くなった。
 
享年90歳。
 
 
小川亭の跡地には、
現在も石柱が建っている。
 
 

 
 

(Visited 15 times, 1 visits today)

【新選組隊士】小川信太郎(おがわしんたろう)【小川佐太郎】前のページ

【沖田総司の姉】沖田キン(おきたきん)【新選組】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【御陵衛士 高台寺党】伊東甲子太郎、藤堂平助らの新撰組からの分離【勤皇派】

    伊東甲子太郎らの分離 本格的な勤皇活動に邁進するため、新撰…

  2. あ行

    【箱館脱走軍役員外客員】松山藩士 伊藤 安右衛門(いとうやすえもん)【榎本艦隊開陽艦】

    伊藤 安右衛門(いとうやすえもん) 諱(いみな)は伊藤 惟精(…

  3. あ行

    【新撰組を命名】武家伝奏 飛鳥井 雅典(あすかいまさのり)

    武家伝奏 飛鳥井 雅典(あすかいまさのり)(文政8年10月25…

  4. あ行

    【高台寺党の江田小太郎?】江畑小太郎(えばたこたろう)【新撰組隊士】

    江畑小太郎(えばたこたろう) (生没年未詳) 江畠とも…

  5. あ行

    【旧幕府、江戸風俗について記された】『江戸会誌』(えどかいし)【新撰組資料】

    『江戸会誌』 栗本鋤雲(くりもとじょうん)、内藤耻叟(ない…

  6. あ行

    【新撰組七番大砲組所属】安藤 雅次郎(あんどうまさじろう)【隊士名鑑】

    安藤 雅次郎(あんどうまさじろう)(生没年未詳)新撰組…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新撰組隊士】一瀬 寛治(いちのせ かんじ)【隊士名鑑】
  2. あ行

    【箱館編成新撰組隊士】明石 覚四郎(あかしかくしろう)【元肥前唐津藩士】
  3. あ行

    【勝海舟に金の無心】岡田五郎(おかだごろう)【新選組局長附人数】
  4. あ行

    【新選組隊士】大村安宅(おおむらやすたく)【尊王志士】
  5. あ行

    【新撰組隊士】蟻通 七五三之進(ありどおししめのしん)【隊士名鑑】
PAGE TOP