小川亭跡地の石碑

あ行

【尊皇派が集まった】小川亭跡(おがわていあと)【近江屋テイ】

小川亭跡(おがわていあと)
 
 
京都府京都市東山区新五軒町。
 
三条駅2番出口を出た先に、小川亭跡の石柱が建っている。
 
 

小川亭跡地の石碑

小川亭跡地の石碑


 
 

 
 
〈スポンサードリンク〉


 
 
小川亭、昔は「魚卯」と称し、
亭主は代々、
「近江屋卯兵衛」
を名乗り、
諸藩の肴用達を務め、
特に肥後藩邸のお出入り商人であった。
 
初代、卯兵衛の妻はリセといい、
長男は二代目を継ぎ、
次男は「美濃吉」を継いだ。
 
二代目卯兵衛の妻はテイといい、
天保5年生まれ。
 
テイが29歳の時に、
2代目卯兵衛が亡くなり、
未亡人となった。
 
 
〈スポンサードリンク〉

肴家「魚卯」から旅館「小川亭」へ

リセ、テイの嫁姑の二人の後家は、
女名義の肴家が許されぬため、
旅館「小川亭」
を営んで、出入りする各藩の志士たちの世話をした。
 
小川亭の離れは、鴨川に面していたので、
いざというときは逃げやすく、
勤皇倒幕の謀議の場所としてよく利用された。
 
宮部鼎蔵の従僕忠蔵が、
新選組に捕らえられ、
南禅寺山門に曝されていると聞いたテイは、
宮部にこの事を知らせた。
 
知らせを聞いた宮部は、潜伏していた「桝喜」から、
小川亭に移り、事なきを得た。
 

宮部鼎蔵肖像画

宮部鼎蔵肖像画

 
倒幕後も、池田屋事件の犠牲者の回向を続けたテイは、
小川亭廃業(大正12年4月)の3か月後の、
7月に亡くなった。
 
享年90歳。
 
 
小川亭の跡地には、
現在も石柱が建っている。
 
 

 
 

(Visited 113 times, 1 visits today)

【新選組隊士】小川信太郎(おがわしんたろう)【小川佐太郎】前のページ

【沖田総司の姉】沖田キン(おきたきん)【新選組】次のページ

関連記事

  1. あ行

    【新撰組隊士】一色 善之丞(いっしき ぜんのじょう)【隊士名鑑】

    一色 善之丞(いっしき ぜんのじょう)  (生没年未詳…

  2. あ行

    【元回天隊頭取】碓氷昇之助(うすいしょうのすけ)【箱館編成新撰組】

    碓氷昇之助(うすいしょうのすけ) (?~明治元年11月5日)…

  3. あ行

    【土方歳三も後送された】今市本陣跡(いまいちほんじんあと)【栃木観光】

      今市本陣跡(いまいちほんじんあと) (栃木県今…

  4. あ行

    【八幡隊隊長】有吉 熊次郎(ありよしくまじろう)【池田谷事件を生き残った】

    有吉 熊次郎(ありよしくまじろう)(天保13年~元治元年7月1…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 小川亭跡地の石碑

記事カテゴリー

  1. あ行

    【新選組隊士】小川信太郎(おがわしんたろう)【小川佐太郎】
  2. あ行

    【新撰組隊士稲芳 雄三郎(いなよし ゆうざぶろう)【隊士名鑑】
  3. た行

    【箱館編成新撰組隊士】高仲 重次郎(たかちゅうしげじろう)※別名 天野 十郎
  4. あ行

    【幕府の蘭方医学校】医学所跡(いがくしょあと)【和泉橋観光】
  5. あ行

    【新撰組脱走後、近藤勇を狙撃した】阿部 十郎(あべじゅうろう)【御陵衛士】
PAGE TOP